スポンサーリンク

RUSHとしてのTANK(心、胸、腹腔):E-FAST

コンベックスプローブ使用

 

Step1 :IVC (volume:血管内脱水の有無)

 

・マーカーは頭側(画面右)

・右房入口部から2㎝尾側、または肝静脈分岐部から1㎝尾側

 

参照:IVC(inferior vena cava;下大静脈)エコーによる脱水の評価

 

 

Step2:E-FAST(胸水・血胸、腹水・腹腔内出血の有無)

 

心窩部:(四腔断面像:プローブマーカーを患者の左肩に向ける)

→心嚢液の確認
※心窩部からの描出が困難な場合は、胸骨左縁長軸像で観察

 

モリソン窩+肝表面、下極+右胸腔:マーカーは尾側

モリソンは腋窩線第8-11肋間で見る
spine sign(+)→胸腔内貯留あり

 

脾周囲+左胸腔:マーカーは頭側

脾周囲は腋窩線第6-9肋間から見上げる(脾臓は後腹膜腔にあるため)
「脾腎間」ではなく、「横隔膜直下の脾周囲」に貯まる!

 

 

 

膀胱周囲(男性:膀胱直腸窩、女性:ダグラス窩)

圧迫して側方に流れていくのを確認する

 

両側側胸部(胸水の有無)

 

 

Step3:lung sliding(気胸の有無)

 

・リニアプローブ、depth 4~6cmで

・鎖骨中線、第3-5肋間(マーカーは頭側)(左は心臓があるので前腋窩線付近)

・B-modeで「lung sliding」と「comet tail artifact」が両方あれば感度100%で気胸を除外できる。

 

comet tail artiafct

 

・M-modeで「seashore sign」があれば正常

・「lung point」の確認:第6肋間中腋窩線(気胸と正常肺の境目)

 

 

参照リンク:肺エコー(検査法と所見

 

 

参考文献:非常に分かり易い

 

エコー
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました