スポンサーリンク

シーネの当て方(by Dr.海透)

適応

・橈骨遠位端骨折(疑い)
・舟状骨骨折(疑い)
・足関節捻挫、骨折(疑い)

 

使用物品

・フェルト付きファイバーグラス(オルソグラス®)

上肢3号(7.5㎝幅)、下肢4号(10㎝幅)

・弾性包帯(エラスコット®)

 

手技

1.上肢ショートアーム(3号オルソグラス)

・掌側から当てる

・範囲:MP関節より近位から前腕

・包帯を利用して長さを採寸

・シーネのフェルトの中からファイバーグラスのみ取り出す。フェルトは引っ張ってやや伸ばしておく(ファーバーグラスによる末端圧迫予防)

・冷水に付けて固く絞る(硬化時間を延ばすため)

・ファイバーグラスをタオルで包んで水分を取る

・フェルトに戻して当てる

・母指球部は曲線状に切り取って圧迫を避ける

・弾性包帯を巻く

・第1指間部は掌側から2回通す

「手首2回、絞って手首、絞って手首、1/2ずつ巻き上げる」

(手首で2回巻いたら掌側から第1指間部で絞って狭めて巻く)

 

2.下肢ショートレッグ(4号オルソグラス)
・範囲:足底部、母指球含めて~腓骨頭2横指遠位まで
・腹臥位、足関節底背屈0度
「90度を巻く時は、8の字描いてせばめてく」
踵が薄くならないよに、8の字を描くように徐々に踵を覆っていく。

 

ERで闘うための手技

救急整形外科・外傷
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました