スポンサーリンク

失語症の鑑別

全く会話ができない→無言症

発話ができる

流暢か否か、話している内容が理解できるか、呼称障害があるか

非流暢な失語

全失語、超皮質性混合失語、Broca失語、超皮質性運動失語

 

理解不良

・理解、呼称、復唱ともに障害

全失語(左半球シルビウス前後の広範病変、右片麻痺を伴う)

 

・復唱のみ比較的良好

超皮質性混合失語(Broca、Wernickeを取り囲むような広範囲病変)

 

理解障害軽度

・復唱障害

Broca失語(左下前頭回弁蓋部、三角部と中心前回を含むやや広い病変、右片麻痺を伴う)

 

・復唱、理解は良好、呼称が困難

超皮質性運動失語(Broca野を取り囲むような境界領域)

 

流暢

Wernicke失語、超皮質性感覚失語、伝導失語、健忘(失名辞)失語

 

理解不良

・理解、呼称、復唱ともに障害

Wernicke失語(左上側頭回後部のWernicke野、病識の欠如)

 

・復唱のみ良好

超皮質性感覚失語(Wernicke野を取り囲むような境界領域梗塞を中心に出現)

 

理解障害軽度

・復唱重度障害、音韻性錯誤(鉛筆を「えんぺつ」と言い誤るなど)

伝導失語(弓状束障害)

 

・復唱良好だが、喚語障害が著明、迂遠表現が多い

健忘(失名辞)失語(各失語型の回復期に出現)

 

 

 

 

高次脳機能障害学第2版
石合 純夫
医歯薬出版
2012-03-01

 

脳神経系
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました