スポンサーリンク

薬疹(AGEP, SJS/TEN, DRESS/DISH)

3大薬疹

・AGEP(acute generalized exanthemotous pustulosis)
急性汎発性発疹性膿胞症

 

・SJS(Stevens-Johnson syndrome) / TEN(toxic epidermal necrolysis)
皮膚粘膜眼症候群 / 中毒性表皮壊死症

 

・DRESS(Drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms)
/DISH(drug -induced hypersensitivity syndrome)
好酸球増加および全身症状を伴う薬剤反応 / 薬剤性過敏症症候群

 

【各論】

 

1.AGEP(acute generalized exanthemotous pustulosis)急性全身性発疹性膿胞症

 

・抗菌薬投与後数日で発症

・僅かな隆起とやや癒合傾向を伴う皮疹で、膿胞を合併する。

・治療:被疑薬の中止。ステロイド外用

 

 

2・SJS(Stevens-Johnson syndrome) / TEN(toxic epidermal necrolysis)

・高熱や全身倦怠感などの症状を伴って、口唇・口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、びらん、水疱が多発し、表皮の壊死性障害を認める。

・全身に大小さまざまな滲出性紅斑、水疱を有する紅斑~紫紅色斑が多発散在する。非典型的ターゲット(標的)状紅斑の中心に水疱形成がみられる。

・また、口唇・口腔粘膜、鼻粘膜には発赤、水疱が出現し、血性痂皮を付着するようになる。

・眼では結膜の充血、偽膜形成、眼表面上皮(角膜上皮、結膜上皮)のびらん(上皮欠損)などが認められ、重篤な眼病変では後遺症を残すことが多い。

・時に上気道粘膜や消化管粘膜を侵し、呼吸器症状や消化管症状を併発する。

・SJSの本邦の診断基準では、水疱、びらんなどの表皮剝離体表面積は10%未満

→30%以上の場合はTEN(toxic epidermal necrolysis)と診断、10%以上30%未満はSJS/TENのオーバーラップと診断。

・治療:被疑薬の中止、ステロイド全身投与、免疫グロブリン大量投与

 

3.DRESS(Drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms) /DISH(drug -induced hypersensitivity syndrome)

・内服開始始から発症までに時間がかかるのが特徴で、多くは3週間以上で平均4週間と言われているが、なかには1年以上たって発症することもある。

・抗てんかん薬(カルバマゼピン、フェニトイン)、アロプリノール、抗菌薬(ミノサイクリン、ST合剤)、ジアフェニルスルフォン,メキシレチンが原因となる。

・発熱、麻疹様の紅斑を伴う丘疹、紅皮症、リンパ節腫大、顔面や手足の腫脹

・顔面の皮疹の特徴として、眼瞼周囲を避けるように顔面全体にびまん性の淡紅色紅斑を認める

・検査:好酸球増加肝機能障害、腎機能障害、肺炎

・本症の殆どの例においてヒト6型ヘルペスウイルス(HHV-6)の再活性化が認められる。

・発熱と、痒みのある紅い斑で発症することが多く、リンパ腺が腫れ、白血球増加を認める。

・発疹は圧迫部では融合する傾向が強く、紅斑は出血が混じるため鮮紅色~紫紅色調となる。

・治療:被疑薬の中止、ステロイド全身投与、シクロスポリン

 

 

 

 

 

 

皮膚科
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました