スポンサーリンク

糖尿病性神経障害

【特徴】
・遠位(足趾、足底から発症)、「靴下・手袋型」
・感覚障害優位(↔運動神経障害優位、筋萎縮では慢性炎症性多発神経炎や脊髄根神経叢障害を考える)
・安静時に強い(↔運動時では脊柱管狭窄症や脊椎症を考える)

【神経学的検査】
・アキレス腱反射
「膝立位姿勢」が推奨される(仰臥位では足に無用な力が入り、また打腱器で打ちずらい)

・振動覚検査
C128音叉
内果に当てる
音叉を叩いた時から振動を感知しなくなった時間を測定
10秒以下で異常

・タッチテスト
モノフィラメント使用

【治療】
・アルドース還元酵素阻害薬(キネダック®):進展例では効果期待できず
・プレガバリン(リリカ)
・アミトリプチン(三環系抗うつ薬:トリプタノール)
・デュロキセチン(SNRI:サインバルタ)

効果なければ
・トラマドール
・オピオイド


脳神経系DM
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました