スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎

参考:脂漏性皮膚炎

 

疾患

・脂漏性皮膚炎は,皮脂腺の密度が高い脂漏部(被髪頭部、眉毛部、鼻唇溝、耳介、耳後部、前胸部、背部正中、腋窩、陰部)に生じる皮膚の炎症である。

・類円形の粃糠様鱗屑をつける紅斑が特徴

・原因は不明であるが,皮膚の常在真菌であるマラセチアが何らかの役割を果たしている。

・脂漏性皮膚炎はHIV感染患者と特定の神経疾患を有する患者で頻度の増加がみられる。

症状

・掻痒

・ふけ

・髪際部および顔面の黄色調かつ脂ぎった鱗屑

 

治療

・抗真菌薬外用(ケトコナゾール、ニゾラール

・痒み、ふけの増悪時、重症例:

まずはステロイド外用を4~5日使用し、炎症が治まってからケトコナゾール外用に切り替える
(アンテベートローション、デルモベートスカルプローション)

・予防:抗真菌薬外用、風呂上りに1日1回(ニゾラールローション)

 

皮膚科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました