スポンサーリンク

急性副鼻腔炎、鼻副鼻腔炎の治療

症状

・発熱(ないこともある)
・くしゃみ、鼻汁、鼻閉
・頭痛、頬部痛、顔面圧迫感

・経過は良好で、86%は発症から7~15日以内に抗菌薬を投与せずとも改善する

 

ウイルス性、細菌性の鑑別

・多くはウイルス性・症状が2峰性に悪化する場合は細菌性の合併を考慮
・細菌性を合併するのは2%未満

 

抗菌薬の適応

下記の場合に限定される

・症状が10日間を越える場合
・重症例(39℃以上の発熱、膿性鼻汁や顔面痛が3日以上続く場合)
・典型的なウイルス性疾患の症状が5日以上続き、一度軽快してから悪化した場合。

 

抗菌薬

アモキシシリン(AMPC:サワシリン®) 1回⑤00㎎ 1日3回、5~10日間

 

 

 

 

感染耳鼻科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました