スポンサーリンク

オキシコドン(オキシコンチン®、オキノーム®、オキファスト®)

特徴

・強オピオイドに分類される
・薬型は3種類あり

徐放製剤:オキシコンチン®(5、10、20、40㎎錠)

レスキュー用速放製剤:オキノーム®(2.5、5、10、20㎎包)

注射薬:オキファスト®(10、50㎎)

内服処方の始め方

屯用で開始の場合:

例)

疼痛時 オキノーム散(2.5㎎) 1包

1時間以上開けて、何回でも可(1日6回まででもよい)

悪心嘔吐時 ノバミン(5mg) 1T

疼痛時の1回量は1日量の1/6

その後、一日のオキノーム使用量をオキシコンチンに置き換える

 

 

定期内服で開始する場合:

・10㎎/日から開始する

・通常2週間は中枢性制吐薬を予防的に併用する

例)

オキシコンチン(5mg) 2T 2✕(朝、眠前)

疼痛時: オキノーム散(2.5㎎)

1包1時間以上開けて、何回でも可(1日6回まででもよい)

併用:ノバミン(5㎎) 3T 3×毎食後/2週間

 

予防的制吐剤の併用

※ 通常2週間程度使用する(以降は耐性ができるため不要)

・プロクロルペラジン(ノバミン®)(5㎎) 3T 3×毎食後

・糖尿病がない場合:オランザピン(ジプレキサ®)(2.5㎎) 1T 1×眠前

(耐糖能異常を引き起こす可能性があり)

・糖尿病がある場合:ペロスピロン(ルーラン®)(4㎎) 1T 1×眠前

 

 

 

緩和治療
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました