スポンサーリンク

75gOGTT (75g経口ブドウ糖負荷試験)

 

適応

<強く推奨される場合>

・空腹時血糖が110~125㎎/dLのもの(正常:110㎎/dL未満)

・随時血糖が140~199㎎/dLのもの

・HbA1cが6.0~6.4%のもの(ただし明らかな糖尿病の症状が存在するものを除く)

 

<行うことが望ましい場合>

(将来糖尿病を発症するリスクが高いグループ、高血圧、脂質異常症、肥満など動脈硬化のリスクを持つものは、特に施行が望ましい)

・空腹時血糖100~109㎎/dLのもの

・HbA1cが5.6~5.9%のもの

・上記を満たさなくても、濃厚な糖尿病の家族歴や肥満が存在するもの

 

採血

・空腹時、負荷後30分、1時間、2時間の4回採血

(インスリンは「空腹時」、「30分」の2回)

 

診断

糖尿病型:「空腹時血糖126㎎/dL以上」または「75gOGTT2時間値200㎎/dL以上」

 

正常型:「空腹時血糖110㎎/dL未満」かつ「75gOGTT2時間値140㎎/dL未満」

(上記以外を「境界型」)

 

指数計算

インスリン分泌指数(insulinogennic index)

=(Δ血中インスリン値(30分値-0分値)(µU/mL)÷(Δ血糖値(30分値-0分値)(mg/dL)

糖尿病患者では0.4以下となり、境界型でも0.4以下のものは、糖尿病への進展率が高い

 

インスリン抵抗性(HOMA-IR)

={空腹時インスリン値(µU/mL)×空腹時血糖値(mg/dL)} ÷ 405

1.6以下の場合正常、2.5以上の場合インスリン抵抗性があると考えれらる。

 

 

糖尿病治療ガイド2020-2021 | 日本糖尿病学会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで日本糖尿病学会の糖尿病治療ガイド2020-2021。アマゾンならポイント還元本が多数。日本糖尿病学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また糖尿病治療ガイド2020-2021もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

 

診察・検査DM
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました