整形外科・外傷

スポンサーリンク
救急

蛇(マムシ)咬症

参照:マムシ咬傷高松赤十字病院 神野泰輔医師) マムシの特徴 ・三角形の頭、銭形の文様 ・典型的には二つの歯牙痕(約1cmの間隔) 参照: マムシの毒の作用 出血作用、腫脹...
2022.09.17
整形外科・外傷

偽痛風関節炎

疾患 ・ピロリン酸カルシウム(calcium pyrophosphate:CPP)による関節炎 ・高齢者に多い(↔痛風は30~50代の青壮年に多い) 誘因 ・外傷 ・手術 ・利尿薬 好...
2022.08.11
整形外科・外傷

褥瘡(評価、治療)

NPUAP分類(National Pressure Ulcer Advisory Panel:米国褥瘡諮問委員会) 参照: NPUAP分類 ステージⅠ(消退しない発赤) ステージⅡ(部分欠損) ステージⅢ...
2022.08.09
スポンサーリンク
整形外科・外傷

骨粗鬆症

参考:「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」  原発性骨粗鬆症の診断基準 低骨量をきたす骨粗鬆症以外の疾患または続発性骨粗鬆症を認めず、骨評価の結果が下記の条件を満たす場合、原発性骨粗鬆症と診断する。 ...
2022.06.16
感染

化膿性脊椎炎(椎間板炎?椎体炎?)

脊椎炎? 椎間板炎? 椎体炎? ・「整形外科学用語集」(日本整形外科学会編)に「椎間板炎」「椎体炎」なる用語はない。 「化膿性脊椎炎(pyogenic spondylitis)」はある。 (→脊椎の感染症が「椎体前辺縁の終末動...
2022.04.14
整形外科・外傷

腱板断裂

疾患 ・最も傷害されやすいのは棘上筋 誘発試験 drop arm sign ・検者は患者の手首を持ち、肩関節を90度まで外転した状態で検者はその手を離す。 ・脱力感を伴って上肢が降下すれば陽性。 painfu...
2022.03.17
脳神経系

手根管症候群

・絞扼性神経障害の中で最多 ・40歳以上で多い ・原因の特定できない特発性と、原因のある2次性に分類される ・多くは特発性で、中年女性に多いが、特に両側性では2次性を考える ・放散痛として腕の痛みを伴うことがあり、片...
感染

破傷風(予防、治療)

破傷風 ・C.tetani感染症(嫌気性菌)を病原体とする人獣共通感染症の一つ。 ・病原菌が産生する神経毒による急性中毒である。 ・集団感染によるアウトブレイクは起きない。 ・日本では感染症法施行規則で5類感染症全数把握...
2022.03.14
整形外科・外傷

脊椎関節炎(spondyloarthiritis;SpA)

疾患 ・「強直性脊椎炎」「反応性関節炎」「乾癬性関節炎」「炎症性腸疾患に伴う関節炎、」「分類不能型脊椎関節炎」および「小児の脊椎関節炎」を含めた炎症性関節炎の総称 ・家族内集積があり、HLA-B27遺伝子との関連性が高いとされる ...
整形外科・外傷

腰痛症(red flag sign、圧迫骨折など)

腰痛の疫学 ・腰痛の罹患率 有訴率:40~50% 既往歴:70~80% ・85%は原因不明の非特異的腰痛(3週間以内に自然軽快) ・原因疾患の97%は整形疾患、2%が腹部内蔵疾患、1%が脊椎がんや炎症性関節炎、感染症 ...
2022.01.06
整形外科・外傷

肩関節脱臼:診断と治療

診察 ・受傷機転は?(典型的には外転・外旋強制) ・初回か再発か?(初回では骨折の合併を想定) ・PMS(pulse,motor,sensory)に問題がないか確認 ・腋窩神経損傷(前方脱臼の10%に合併) →肩外側の感覚鈍麻、三...
2022.01.06
整形外科・外傷

インピンジメント(impingement)症候群

・肩関節挙上時に肩峰、または烏口肩峰靱帯とその下に位置する腱板が衝突し、疼痛を引き起こす病態 ・棘上筋腱炎、腱板不全断裂・完全断裂、石灰沈着性腱板炎、肩峰下滑液包炎などが原因 身体検査 ① Hawkinsテスト(肩峰下滑液...
2022.01.06
整形外科・外傷

神経根支配 (含・ Dr.仲田の記憶法)

上肢 運動神経支配 僧帽筋 副神経(Ⅺ)、C2~4 肩甲骨挙上、内転 延髄より中枢の麻痺か、頚髄より末梢の麻痺かを鑑別できる 横隔神経(C3~5) 空中に大きく指で「三」と描く 「上(胸腔)と下(腹腔...
2021.09.22
整形外科・外傷

足根管

・足関節内側面で、内果と踵骨隆起の間の溝とその上に張る屈筋支帯によって形成される。 ・前方から順に、後脛骨筋、長趾屈筋、後脛骨動脈、後脛骨静脈、後脛骨神経、長拇趾屈筋が通る。 参照(このサイトより引用): ...
2021.09.13
救急

小児虐待の骨折

・虐待で児が前後に激しく揺さぶられた場合、長管骨長軸に垂直方向に力が働き、骨端線に平行な骨折が生じる。 ・特に辺縁で骨折は明らかとなり、角骨折(corner fracture)と呼ばれる。 ・また骨折部がはっきりと離開すると弧状...
整形外科・外傷

足の骨(アーチ)

足部関節 参照(このサイトより引用): 足部アーチ 参照(このサイトより引用): 内側縦アーチ:踵骨、距骨、舟状骨、内側楔状骨、第1中足骨 外側縦アーチ:踵骨、立方骨、第5中...
整形外科・外傷

化膿性関節炎:一般医の対応

原因 ・化膿性関節炎の多くは他部位からの細菌の血行性散布により発症する(感染性心内膜炎など) ・リスクファクターとして、静脈薬物注射使用患者、免疫不全患者、関節リウマチ、関節穿刺・関節内注射、人工関節など ・「淋菌性」と「非淋...
2021.09.02
救急

脊椎運動制限(頚椎保護)の適応(JPTEC)

下記に該当する場合には、否定できるま頸椎保護を継続すること。 ① 脊椎・脊髄損傷の可能性がある受傷機転 ・高速の自動車事故 ・高所からの墜落事故(身長の3倍以上の高さ) ・飛び込みによる受傷 ・脊椎周辺の穿通創 ・頭頸部への...
2021.08.30
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました