スポンサーリンク

Horner症候群(ホルネル症候群)

疾患

・交感神経遠心路の障害によって生じる「中等度縮瞳」「眼瞼下垂(眼裂狭小)」「眼球陥凹(眼球後退)」を三大徴候とする症候群。

・眼の徴候以外では「顔面の発汗低下と紅潮」を特徴とする。

 

機序

・交感神経遠心路には3つのニューロンがあり、そのいずれが障害されても本症候群を発症する。

第1ニューロン:

・交感神経遠心路は視床下部を発し脳幹,毛様体脊髄中枢に至るニューロン

・Wallenberg症候群で障害される

第2ニューロン:

・節前ニューロンとして肺尖部を通り上行し,上頸部交感神経節で終わる。

・直接の外傷、頸胸部リンパ腺腫大による圧迫、腫大した甲状腺の圧迫、頸部胸部動脈瘤、癌の転移、頸部膿瘍の圧迫、肺尖部肋膜癒着などにより障害される

第3ニューロン:

・一つは節後ニューロンとして、顔面の血管、発汗神経は外頸動脈に沿って走る。

・もう一つは内頸動脈に沿って頭蓋内にもどり眼瞼、眼球を支配する。

・内頸動脈系の動脈瘤,閉塞などにより障害される。

 

 

参考(このサイトより引用):https://www.neurology-memo.work/entry/paper-memo16

 

 

眼瞼下垂の機序

・上眼瞼板筋(Muller筋)の麻痺による。

・ミュラー筋は上眼瞼挙筋(動眼神経支配)と瞼板をつなぎ、眼瞼挙上に関与する。

・ミュラー筋は交感神経支配

 

 

参照(このサイトより引用):https://www.nagoya2.jrc.or.jp/about/sinryoutopics/kenmakuseigankenkasuinitsuite/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました