スポンサーリンク

クロストリジオイデス・ディフィシル感染症(Clostridioides difficile infection;CDI)

感染予防

・接触感染で伝播するため、手袋、ガウンを用いた接触予防策を行う

・芽胞を形成するため、アルコール消毒は無効であり、石鹸や流水での手洗いが重要

水様便改善後、少なくとも48時間は接触予防策を継続することが推奨される

 

危険因子

・抗菌薬使用

抗菌薬治療中から使用後3か月にリスク(特に1か月以内)

・年齢(65歳以上)

・長期入院患者

・開腹術や内視鏡などの腸管操作を伴う治療、検査を受けた患者

・PPI投与

・経管栄養

・化学療法中の患者

 

症状

・1日3回以上の水様便

・発熱

・腹痛

・WBC増多

 

血液検査

・白血球上昇

入院患者で原因がはっきりしない白血球上昇を認めた時は、CDIを鑑別に入れる

 

診断検査

・診断方法のゴールドスタンダードは便からのC.difficileの培養だが、感度が培養方法に左右され、しかも結果が出るまでに時間が掛かるため、下記の「2段階法」が推奨される

 

① C.difficile共通抗原検査(glutamate dehydrogenase;GDH)

即時スクリーニング検査法

・感度85~95%、特異度89~99%。

・陰性的中率が高い(検査結果が陰性と出た人のうち、真に疾患を有していない人の割合:真陰性)ため、即時スクリーニングとして有効(GDHが陰性なら除外可能)

・GDHが陽性であっても、これだけでは毒素産生株かの判断はできない

・GDH陽性のものから、さらに「EIAによるtoxinA/B検査」を加え、毒素産生株かの判断する「2段階法」が推奨されている

・「GDH陽性でも、CDトキシン陰性」であれば、CDIの判定は保留となり、「CDIガイドライン」では、PCRによるトキシン遺伝子評価が推奨されている

 

② toxinA/B検査(EIA法)

・感度63~94%、特異度75~100%と、感度が低目でかつ感度や特異度に幅があるため、毒素独での検査は推奨されない

 

治療

軽症~中等症

・メトロニダゾール 1回500㎎ 1日3回経口 10日間(腎機能で調整)

 

重症

・バンコマイシン 1回125㎎ 1日4回 経口 10日間(腎機能によらず)

 

治療判定

・治療経過の確認や治療判定は臨床症状とし、GDHやトキシン検査を用いてはいけない

(治療後も陰性化しないことがあるため)

水様便改善後、少なくとも48時間は接触予防策を継続することが推奨される

 

 

medicina  2022年 6月号 特集 抗菌薬の使い方-敵はコロナだけにあらず! 今こそ基本に立ち返る

 

 

 

 

 

 

抗菌薬ドリル 実践編〜臨床現場で必要な力が試される 感染症の「リアル」問題集

 

 

 

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

感染
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました