スポンサーリンク

ケロイド(肥厚性瘢痕との鑑別)

ケロイド

・創傷治癒機転の制御異常により膠原繊維が過剰に産生され、紅色の結節、腫瘤を形成するもの

・外傷、皮膚疾患痕(痤瘡など)や手術に続発するが、明らかな発症機転が不明なこともある

 

肥厚性瘢痕との鑑別

・肥厚性瘢痕も外傷や手術痕が隆起したものであるが、創部を超えて拡大することはなく、半年を過ぎると平坦化に向かう

・それに対してケロイドは、空間的(創部を超えて)、時間的(半年を超えて)に増大し続ける

 

病理

・肥厚、硝子化した膠原線維が渦巻き状に配列する

 

治療

・切除すれば高率に再発するため、保存的治療が原則

・ステロイド局所投与(ステロイド含有テープ剤貼付、ステロイド局注)

・トラニラスト(リザベン®)内服

皮膚科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました