スポンサーリンク

子宮頸がん(子宮頸癌)

スポンサーリンク

疾患

・HPV感染が危険因子である

・若年日本人女性において罹患率が増加している。ことに20~30歳代の若年者での増加が明らかである。

 

スポンサーリンク

子宮頸がん検診

・子宮頸がん検診の対象年齢は20歳以上の女性すべてである

・検診結果が「精密検査不要」の場合でも、2年に1回定期的ながん検診の受診が大切です

 

液状化検体細胞診(liquid-based cytology: LBC法)

・子宮頸部細胞診の検査方法の一つで、採取した細胞を専用の保存液で回収保存し、その後専用の機器を用いて塗抹標本を作製して、細胞診検査を行うもの。

・従来の方法と比較し、より精度が高い。

・細胞の採取方法は、採取した細胞を直接スライドガラスに塗布する「従来法」と比較し、
「液状化細胞診」では、採取したブラシごと容器に入れるため、採取した細胞をほぼ100%回収することができる。また「液状化細胞診」検査法では、血液や粘液などの不純物を取り除いた上で標本化されるので、異常細胞が発見しやすく、不適正検体が減少する。

・ヘラ、またはブラシ採取がのぞましい

・自己採取細胞診は精度が低いため推奨されない

 

ベセスダシステム

・子宮頸がんの新しい細胞診報告様式

 

検査結果と対応

・NILM(クラスⅠ・Ⅱ)

正常な細胞のみ

→定期検診を続ける

・ASC-US(意義不明な異型扁平上皮細胞)

異形成と言い切れないが細胞に変化がある

ハイリスクHPV検査 実施不可能な施設の場合は直ちにルポ診、生検も容認

・ASC-H( 高度扁平上皮内病変疑い)

高度な細胞異型の可能性がある

→コルポ診、生検

・LSIL(軽度扁平上皮内病変)

HPV感染や軽度異形成と考えられる

→コルポ診、生検

・HSIL(高度扁平上皮内病変)

中等度異形成・高度異形成・上皮内癌と考えられる

→コルポ診、生検

・SCC(クラスⅣ・Ⅴ)

明らかな扁平上皮がんと考えられる

→コルポ診、生検

・AGC(異型腺細胞)

腺系病変が疑われる

→頸管内および子宮体部の検索が必要

 

スポンサーリンク

HPVワクチン

参照:

HPVワクチン
HPV(human papillomavurus)・ヒトにのみ感染する2本鎖DNAウイルス・性交渉によって感染・多くは12か月以内にウイルスは消失する。・しかしそれ以上に感染が持続した場合に、数年の経過でがんを発...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました