スポンサーリンク

脈圧

脈圧が大きい場合

「SBPーDPB>SBPの50%」の場合、脈圧が大きいとする

 

・「脈圧が大きい」とは「心拍出量が増加している、つまり体内でカテコラミンが放出されている状態」を示すため、注意を要する

・特に「発熱+脈圧上昇+血圧上昇」は敗血症の徴候の可能性があり、安易に解熱剤を使用すると血圧低下を来す可能性があるため注意を要する。

 

 

 

レジデントノート 2021年6月 Vol.23 No.4 血液ガス読み方ドリル〜すばやく正しく病態を掴む力を身につける
 

 

救急
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました