スポンサーリンク

Alzheimer(アルツハイマー)型認知症(症状、薬物療法)

症状

・近時記憶障害で発症することが多い

・進行に伴い、見当識障害や遂行機能障害、視空間認知障害が加わる

・アパシーやうつ症状などの精神症状

・病識の低下

・取り繕い反応

・健忘失語(喚語困難のため迂言が多くなる)

・語性錯誤

・物盗られ妄想

 

薬物療法の原則

・治療薬の効果は認知症症状の軽減、進行抑制であり、効果がみられない場合は漫然と継続しない。

※通常、ADの自然経過ではHDS-RやMMSEは年3点程度の低下を認める。

・軽症ではChE阻害薬、中等症以上ではChE阻害薬、メマンチン、あるいは両者を併用する。

 

 

アルツハイマー型認知症治療薬の種類

ChE阻害薬

・ドネぺジル(アリセプト®)、ガランタミン(レミニール®)、リバスチグミン(リバスタッチ®、イクセロンパッチ®)の3剤が利用可能

・薬剤間に治療効果の差はない

・副作用として、アセチルコリン過剰による症状がある

消化器症状(悪心嘔吐、下痢、食欲不振、消化管出血)

循環器症状(徐脈、失神、房室ブロック、延長)

・高度ADに適応のある阻害薬はドネペジルのみ

 

ドネぺジル(アリセプト®)

・レビー小体型認知症にも適応あり

・開始時1回3mg1日1回

・1~2週後に1回5mg1日1回に増量

・高度ADでは1回5mg1日1回で4週間以上継続後に1回10㎎1日1回まで増量可能

 

ガランタミン(レミニール®)

・開始時1回4mg1日2回

・4週後に1回8㎎1日2回まで増量

・効果不十分の場合は1回8㎎1日2回で4週間以上継続後に1回12㎎1日2回まで増量できる

 

リバスチグミン(リバスタッチ®、イクセロンパッチ®)

・開始時1回4.5㎎1日1回、4週毎に4.5㎎ずつ増量、1回18㎎1日1回で維持

・状態により、1回9mg1日1回あkら開始、4週後に18㎎まで増量可

 

NMDA受容体拮抗薬メマンチン(メマリー®)

・グルタミン酸受容体の一種。AD脳で過剰となるグルタミン酸の興奮毒性を遮断する

・中等度~高度のADに適応

・開始時1回5mg1日1回、1週毎に5mgずつ増量、1回20㎎1日1回で維持。

・腎障害(Ccr<30)の場合は1回10㎎1日1回で維持

 

 

アルツハイマー型認知症に対する薬剤投与計画

①軽症例

ChE阻害薬のいずれかから1剤

効果不十分、効果減弱、あるいは副作用で継続困難

他のChE阻害薬に変更

 

②中等度例

ChE阻害薬の1剤かメマンチンを開始

効果不十分、効果減弱、あるいは副作用で継続困難

「他のChE阻害薬かメマンチンに変更」、または

「ChE阻害薬とメマンチンの併用」

 

BPSDに対する治療

・非薬物療法を優先する

・無効の場合は、非定型抗精神病薬であるリスペリドン(1回0.5~1㎎、1日1回)、クエチアピン

(1回12.5㎎~25mg、1日1~2回:糖尿病禁忌)を使用

・長期投与は生命予後の悪化に関連するため、一時的な使用に限定する

 

 

 

総合診療 2019年12月号 困っている“あなた”に届く 認知症診療

 

 

 

 

 

 

 

レジデントノート 2021年7月 Vol.23 No.6 絶対に見逃してはいけない画像診断8疾患〜致死的な疾患を見抜くために、正常解剖と典型的な異常所見を押さえる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました