スポンサーリンク

安全管理等(4S活動、第14次労働災害防止計画)

スポンサーリンク

厚生労働省WEBサイト安全キーワード「4S(整理、整頓、清掃、清潔)」

厚生労働省のWEBサイト安全キーワードの「4S(整理、整頓、清掃、清潔)」

 

スポンサーリンク

4S活動(整理、整頓、清掃、清潔)とは

・「4S活動」とは、安全で、健康な職場づくり、そして生産性の向上をめざす活動で、「整理(Seiri)」「整頓(Seiton)」「清掃(Seiso)」「清潔(Seiketsu)」を行う事をいう。

・また「しつけ(Shitsuke)」を加えた「5S活動」も普及しています。

・「4S」とは、職場の仕事に、必要なものだけが置かれ、必要なものがいつも同じ場所にあり、必要なものが汚れのない状態であり、いつ見ても職場がその状態であって作業者の身体や服装がきれいであるかという状態にあるようにする活動のことなのです。

・「4S活動」は、職場を単にきれいにするという表面的なことでは無く、職場の安全と作業者の健康を守り、そして生産性を向上させる教育プログラムであって、この好ましい状態を維持することなのです。

整理

・「整理」は、必要なものと不要なものを区分し、不要、不急なものを取り除くことです。

要るもの、要らないものに分けるためには、何らかの判断の基準が必要になります。

現場の作業方法では必要と認められていても、その場所にその物が必要か、それだけの量が必要かなどの改善の余地はないかを検討し、よりよい方法が見つかればそれを新しい判断の基準、すなわち作業標準として定めてゆくことが出来ます。

整頓

「整頓」は、必要なものを、決められた場所に、決められた量だけ、いつでも使える状態に、容易に取り出せるようにしておくことです。

工具・用具のみならず資材・材料を探す無駄を無くすことが出来ます。

安全に配慮した置き方をすることが大事です。

清掃

「清掃」は、ゴミ、ほこり、かす、くずを取り除き、油や溶剤など隅々まできれいに清掃し、仕事をやりやすく、問題点が分かるようにすることです。

転倒などの災害を防ぐことも大事なことです。

機械設備にゴミやかすが付着していると製品に影響が出たり機械に不具合が発生することも懸念されます。

 

清潔

「清潔」は、職場や機械、用具などのゴミや汚れをきれいに取って清掃した状態を続けることと、そして作業者自身も身体、服装、身の回りを汚れの無い状態にしておくことです。

 

しつけ

「しつけ」は、決めたこと、教わったことを必ず守るように指導することです。

挨拶や言葉づかい、話し方、服装のほか、作業標準を守る、ものを定められた位置に置く、機械機器は決められた方法で取扱操作するなどの仕事の手順を教育することを含みます。

 

スポンサーリンク

労働災害の直接原因

労働災害の直接原因は、労働者の不安全な行動という人的原因と、設備、原材料、環境等の不安全な状態という物的原因とに分けることができる。

 

 

安全衛生パトロール

・安全衛生パトロールとは、職場に潜在する危険要因を見つけ出すため、職場内を巡視しその結果に基づき機械設備や作業方法などの改善を行うことにより、災害の防止を図るためのものです。

・法令で定められた安全管理者や衛生管理者、産業医が行う巡視の他、経営トップや各部署、職場の長などが職場を巡視し、危険有害な箇所や5Sの状況、作業手順の遵守など安全衛生の管理状況について確認する。

・問題が明らかになり指摘を受けたものについては、早急に改善を実施する

・安全衛生パトロールは、職場の生の実態を把握するための有効なツールと言えます。年間を通じて組織的・計画的に行い、リスクアセスメント等の取組につなげていくとより効果的です。

・その結果に基づいて必要な改善を行うとともに、その改善状態の確認まで行うことが必要である。

 

危険予知活動

・作業を行う前にミーティングなどで、その作業に潜む危険を短時間で話し合い、危険に気づき、これに対する対策を決め、行動目標を立て、ひとりひとりが実践する活動を指す

・作業や職場にひそむ危険性や有害性等の危険要因を発見し解決する能力を高める活動である。

 

ツールボックスミーティング

・作業開始前や作業の切替え時に短時間で、監督者を中心にその日の作業の範囲、段取り、分担、安全衛生のポイントなどを現場で話し合う活動である。

(現場で、ツールボックスに坐って行うイメージから名づけられた)

 

安全提案制度

・作業者から安全についての提案を求めること。

・具体的な安全対策を立てる上で役立つのみならず、提案の過程を通じ安全意識を向上させることにもなる。

 

第14次労働災害防止計画

「第14次労働災害防止計画」の目標

ア アウトプット指標

事業者は、計画の重点事項の取組の成果として、労働者の協力の下、これらの指標の達成を目指す。国は、その達成を目指し、当該指標を用いて本計画の進捗状況の把握を行う。

 

イ アウトカム指標

事業者がアウトプット指標を達成した結果として期待される事項をアウトカム指標として定め、本計画に定める実施事項の効果検証を行うための指標として取り扱う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました