スポンサーリンク

肺炎球菌ワクチンについて

プレベナー(PCV13)とニューモバックス(PPV23 )

現在、肺炎球菌ワクチンには
・13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13: プレベナー13®)(→乳幼児)と、

・23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPV23: ニューモバックスNP®)」

の2種類がある。

 

両者の違い

・肺炎球菌は爽膜多糖体の抗原性により、現在93種類の血清型に分類されている。
・PPV23は、23種類の血清型の莢膜多糖体が含まれたワクチンである。肺炎球菌感染症の85-90%をカバーすると言われている。
・侵襲性(重症化する)の肺炎球菌感染症、特に高齢者の肺炎を起こす頻度の多い種類から、そしてワクチンとして使える種類を 23 種類選択して作成されている。
・一方、乳幼児用の 13 価肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌性髄膜炎を予防するために、髄膜炎を起こしやすい種類を選択している。
・23 価にはこの 13 価のうち1種類を除いて含まれており、ほぼ包括したワクチンといえる。

 

PCV13(プレベナー13®):乳幼児の定期接種

・PCV13(プレベナー13®)は、13種類の血清型の血清型の莢膜多糖体に担体となるキャリア蛋白(非病原性ジフテリア蛋白:CRM197)を結合させたワクチンである。
・成人用のPPV23( ニューモバックスNP®)に含まれる莢膜多糖体はT細胞非依存性抗原であるため、免疫は数年後には減弱し、追加接種による著名なブースター効果は認められない。
・一方、PCV13(プレベナー13®)はキャリア蛋白に結合させることで、T細胞依存性抗原に変換され、よりaffinityの高い抗体産生能があり、免疫学的記憶の成立によりブースター効果も期待でき、B細胞が未熟な乳幼児にも良好な免疫応答を誘導することができる

・小児の予防接種ではPCV13(プレベナー13®)が定期接種になっていたが、65歳以上の者に対する肺炎球菌による感染症の予防の効能・効果が承認された。

・また2014年10月1日から、高齢者を対象としPPV23( ニューモバックスNP®)が定期接種化された(ただし補助の対象になるのはPPV23だけ)

 

PPV23( ニューモバックスNP®)

・多糖体ワクチンであるため、2 回目を追加接種してもあまり劇的な追加免疫効果はない。1回目とほぼ同等か多少低い抗体価しか上昇しない。3 回目はさらに低いとされている。

・また 2 回目の追加接種では 1 回目よりも副反応が多少増えますので注意が必要。稀には接種部位が蜂窩織炎様に 10㎝ほど腫れあがり痛みと熱感がひどいという副反応もある。

・そのため、これまでは65 歳以上は1回でもいいとされていたが、最近の検証などでは 2 回目までは有効であろうと考えられている。

・ただ基礎疾患のある侵襲性肺炎球菌感染症に関しての有効性は認められているが、健康人の肺炎予防の有効性についてのデータは様々である。

 

高齢者が補助の対象になるPPV23( ニューモバックスNP®)の定期接種だけでなく、PCV13(プレベナー13®)も接種することの有効性について

・PCV13は、鼻や咽頭の保菌を減らし、免疫反応を長続きさせるが、13種類の菌に限られる

・PPV23は保菌を減らしたり、免疫反応を長続きさせたりはできないが、23種類の肺炎球菌に対応するので、より広い範囲で感染が予防できる。両方を組み合わせることでより強く免疫ができる可能性が期待できる。
・しかしPCV13(プレベナー13®)は公費助成が適応されず、1万円前後と安くない価格である。

・PPV23( ニューモバックスNP®)の定期接種は 5 歳刻みに、その年度に 65 歳、70 歳、75 歳、80 歳、85 歳、85 歳、90 歳、95 歳と 100 歳になる人たちは定期接種の対象となる。
・1回だけが対象で、すでに任意接種で接種している人は対象外(これは2021年3月までの時限措置)
・任意接種として 5 年以上の間隔で追加することは構わないが、公費助成はない。
・インフルエンザワクチンと同様に、60 歳以上 64 歳で特別な障害のある方も対象となる。

 

成人の肺炎球菌ワクチン接種の考え方

・PCV13の先行接種後の6カ月~4年以内のPPV23接種はブースター効果が認められている(それ以上の接種間隔を空けた場合、PPSV23によるブースター効果が得られるか否かについてはエビデンスが示されていない)。
・PPV23の先行接種後のPCV13接種はブースター効果が認められない
併用接種時の接種間隔
(1)PCV13→6カ月~4年以内→PPV23
(2)PPV23→5年以上→PPV23
(3)PPV23→1年以上→PCV13→6カ月~4年以内→PPV23
(日本呼吸器学会呼吸器ワクチン検討WG委員会および日本感染症学会ワクチン委員会の合同委員会資料から。編集部で改変)

いずれにしても、PPV23の1回接種だけだと5年程度で予防効果が弱まるので、複数回接種することが望まれる。

 

参照(このサイトから引用しました)http://www.kansensho.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=38

コメント

タイトルとURLをコピーしました