スポンサーリンク

小児の嘔吐(診察手順と経口補水液指導)

診察の手順

1.見た目のABCから緊急性を捉える(トリアージ)
・意識障害はないか?→あれば血糖測定を!
・循環不全はないか?→全例CRTを!

参照:https://drgawaso.com/15910296-2/51/

 

2.異常があればすぐ行動
・意識障害あり→簡易血糖測定
・vital signでABCを数値化→異常があれば、SOS(SpO2モニター、酸素5Lマスク、相談)

 

3.鑑別疾患
虫垂炎(2歳以下は少ない、6歳上の学童に多い(ピークは9~12歳))
腸重積(生後6~12か月が最も多い。6歳以上では少ない)
髄膜炎
代謝性疾患など

随伴症状で鑑別を絞る
   頭痛→髄膜炎
   繰り返し嘔吐→腸重積、代謝性疾患
   間欠的啼泣→腸重積
   頻呼吸→代謝性疾患

4.病歴・身体所見
嘔吐・便の頻度、期間、性状(胆汁性嘔吐、血便)
直近の体重、体重減少の有無
食事摂取状況、最終排尿
周囲の流行状況(ノロ、ロタ)
随伴症状、基礎疾患
神経学的所見(意識障害、項部硬直)
頭痛の有無
呼吸様式(回数、異常)

 

5.脱水の評価
皮膚のturgor→腹壁で評価
呼吸状態→深い、早い→アシドーシス
CRT
粘膜乾燥(口腔、舌)
涙が出るか
目の陥没

 

経口補水液指導:軽度~中等度で緊急性疾患でない場合

・経口補水液(ORS)は、糖と塩分のバランスが良く、糖と水分の吸収を促進する(Na-Glc transporter)

・経口補水液(ORS)は自宅で作れる

水800ml+100%オレンジジュース200mL+砂糖20g(大匙2杯)+塩5g(小匙1杯)

・市販のORS(OS-1®など)でもOK。OS-1ゼリー®でもOK

(市販のスポーツドリンクは甘いだけで塩分が少なく、不適切)

 

<ORSの飲ませ方>

・5~10分毎に、チビチビ(スプーン1杯ずつ与えるのがコツ)。

・一気に飲ませると吐いてしまう。この指導が大事!

・軽度脱水なら、2倍希釈のリンゴジュースでも可

・投与量

軽度→30~40 mL / ㎏ / 4時間

中等度→60~90mL/ ㎏ / 4時間

嘔吐1回ごとに2mL/㎏追加

下痢1回ごとに10mL/㎏追加

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料!!】◆大塚製薬オーエスワン(OS-1) 500mlX24本
価格:3970円(税込、送料無料) (2020/12/19時点)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました