スポンサーリンク

小児発熱診察(注意すべき3疾患)

発熱以外の症状がみられない場合は?

・発熱以外の随伴症状が乏しい小児疾患

突発性発疹

副鼻腔炎

髄膜炎

心筋炎

骨髄炎

関節炎

川崎病

 

・3か月未満児は注意!

発熱以外にあまり症状がみられないことがある。

髄膜炎は項部硬直がはっきりしない(→抱っこしてあやすと機嫌が悪くなる場合には髄膜炎を疑う)

 

・発熱のみでその他の症状がみられない場合は「穴(孔)を探せ!」

1)耳孔→中耳炎

・鼻水を垂らしていた子が耳を気にするようになったら疑う

・問診で「耳をきにしていませんか?」と確認する

2)尿道口→尿路感染症

・オムツの尿色や臭いの変化を確認

 

特に注意すべき3疾患

1・髄膜炎

・1歳未満(7~9か月)に多い。
・起因菌:インフルエンザ桿菌、肺炎球菌

・ワクチン接種歴を確認
・症状:

顔色不良、ぐったり

嘔吐(発熱後2日以内に急速に状態悪化)
大泉門膨隆
項部硬直(18か月未満だと評価困難)

2.occult bacteremia

・3歳未満、39℃以上の発熱をきたすが、感染源がはっきりしない

・肺炎球菌が最多、ついでインフルエンザ桿菌。

・菌血症、髄膜炎への移行はインフルエンザ桿菌が多くなる

・ワクチン接種歴を確認

 

3・尿路感染症

・どの年齢でも、熱発時には可能性を考慮

・特に6か月未満の男児に多い

 

 

 

救急小児科
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.がわそのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました