スポンサーリンク

BPPV(典型的眼振、中枢性眩暈の除外)

まずは「中枢性めまい」の除外から!

・めまいの4D:

構音障害(dysarthria)、嚥下障害(dysphagia)、複視(diplopia)、感覚障害(dysesthesia)の問診

・その他:

「頭痛」「嚥下障害」「構音障害」「複視」「しびれ」の有無の確認

「体幹失調」(歩けない眩暈は帰すな!):SCA / PICA梗塞

「聴力障害」(難聴、耳閉、耳鳴り)

「HINTS」の有無

(参照:「HINTS(末梢性めまいか中枢性めまいかの鑑別)」

 1つでもあれば中枢性を疑い画像へ!

 

疾患

・後半規管型が60%、水平半規管型が30%、前半規管型が1%程度

・頭位変換時の生じる

・数秒の潜時の後、持続は30秒~1分以内(じっとしていれば治まる)

・患側耳懸垂で前額→耳方向に回旋性成分を伴った向地性眼振

・座位、前傾で反対方向の眼振

(↔これらが全てなければ中枢性眩暈を考える必要あり)

・1/4の症例では眼振がみられないことがある

 

病型

1)後半規管型

・Epley法での治療中に水平半規管型に移行することがある(5%程度)

 

2)水平半規管型

参照:水平半規管型BPPV ( supine roll test )

 

予後

・再発が多く、年間約15%程度で、10年間で5割が再発する

・再発の危険因子は女性、外傷や内耳疾患、骨粗鬆症、水平半規管型、3回以上のBPPVなど

 

 

 

 

 

 

 

外来診療ドリル-診断&マネジメント力を鍛える200問

救急耳鼻科
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました