スポンサーリンク

肺音の分類(呼吸音と副雑音)

呼吸音と副雑音

・聴診器で聴取する肺音は、正常で聞かれる「(正常)呼吸音」と、正常では聴こえない「副雑音」に2つに分類される。

・副雑音のうち、肺内に由来する肺性副雑音を「ラ音」ともいうことがある。

 

呼吸音

・呼吸音は正常で聴かれる生理的な音。

・正常な呼吸音には、「気管呼吸音」「気管支呼吸音」「肺胞呼吸音」の3種類がある。

・呼吸音の異常と疾患

呼吸音の減弱/消失時: 気胸、胸水、無気肺

呼気の延長時 :慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息

 

副雑音
・正常では聴取されない異常な肺音
・副雑音には、肺内に由来する「肺性副雑音(ラ音)」と胸膜に由来する「胸膜摩擦音」がある

・さらに「肺性副雑音(ラ音)」は、「連続性ラ音(stridor,wheeze, rhonchi)」「断続性ラ音(水泡音(coarse crackles)、捻髪音(fine crackles))」に分けられる

・rhonchiは低音性の連続性ラ音で、wheezeよりも中枢の太い気管支の閉塞を示す

 

 

※それぞれの副雑音は、聴取部位や音の長さや大きさ、性質によって分類される
・吸気早期クラックル(early inspiratory crakles)
→ 慢性気管支炎、肺気腫、COPD

 

・吸気早中期クラックル(early-to-mid inspiratory crakles)
→ 気道病変(気管支拡張症、気管支炎)

 

・吸気終末期クラックル(late inspiratory crackles)
→ 間質性病変を示唆(間質性肺炎、非定型肺炎

 

・吸気全汎性クラックル(pan(holo)-inspiratory crackles)
→ 肺胞病変を示唆(細菌性肺炎、肺水腫、肺胞出血)

 

 

 

 

 

 

 

 

卒後15年目総合内科医の診断術 ver.2

コメント

タイトルとURLをコピーしました