スポンサーリンク

ニューキノロン系抗菌薬の基礎知識

【特徴】
・抗緑膿菌、抗結核菌作用あり
前立腺移行性が良い(前立腺炎)
・モキシフロキサシン(アベロックス:第3世代)はB.fragilisのカバーあり
・金属(Mg,Al,Fe,Zn,Ca)とキレートを形成しbioavailabilityが低下するため、制酸薬、下剤等と併用時には前後2時間開けて内服する必要あり。

 

これ3つ

<シプロフロキサシン(CPFX):第1世代>

・シプロキサン®

・1回500~750㎎、1日2回
・主にグラム陰性菌カバー
・緑膿菌を含むSPACEの菌をカバー
・グラム陽性菌(MSSA、MRSA、腸球菌)には効かない
・肺炎球菌、嫌気性菌に効かない
・抗緑膿菌作用が強い

 

<レボフロキサシン(LVFX):第2世代>

・1回500~750㎎、1日1回投与
・肺炎球菌にも効く
・適応:シプロフロキサシン+肺炎球菌
・嫌気性菌には効かない

 

<モキシフロキサシン(MFLX)>
・アベロックス®
・1回400㎎、1日1回(内服のみ)

・B.fragilisのカバーあり

 

 

 

 

感染
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました