スポンサーリンク

心臓聴診、心音、心雑音

おすすめ聴診器

リットマン ステソスコープ カーディオロジーIV

 

リットマン ステソスコープ カーディオロジーIV ブラック/ブルー 6201

 

 

 

商品紹介
■医師向け聴診器の新定番です。成人用と小児用のダイアフラムを両面に搭載しており、成人から小児までこれ一器で診察が可能です。
■チューブは音の損失を軽減する高感度のツーインワンチューブを搭載しています。
■ダイアフラムとリムの段差が少ない「一体成型」ダイアフラムを採用し、お手入れが簡単になります。
■小児用面は付属のノンチルスリーブに交換すればベル部として使用できます。
■3M(TM) リットマン(TM) ソフトシーリングイアーチップを備えています。快適なフィット感だけではなく、優れた遮音性も提供します。

 

 

 

 

聴診部位

2R

2L

3L(Erb領域)

4L

心尖部

 

放散:

両鎖骨上→AS
左腋窩→MR

 

心音

 

・Ⅰ音は僧帽弁と三尖弁(房室弁)が閉じる時、Ⅱ音は大動脈弁と肺動脈弁(動脈弁)が閉じる時に発生する。

・Ⅰ音とⅡ音の間が収縮期である。

 

心音の亢進、減弱

 

・心基部では大動脈弁、肺動脈弁成分、つまりⅡ音が大きく聞こえる。

・心尖部ではⅠ音が大きく聞こえる

・これが反対に、心尖部でⅡ音が強く聞こえる場合や、心基部でⅠ音が強く聴取される場合を亢進とする

 

Ⅱ音の分裂

 

・吸気時のみに聴取する分裂は生理的な分裂の可能性が高い

・座位の呼気時にも分裂していれば、病的な可能性がある

 

過剰心音(Ⅲ音、Ⅳ音)

左側臥位、ベル型聴診器で聴診する

Ⅲ音

・心房に溜まっていた血液が一気に心室に流れ込んで(急速流入)、心室の壁にぶつかることによって起こる低調な音

・「one two huh(ハ) , one two huh(ハ)・・・」と低調に聞こえる

(おっかさん、おっかさん・・・)

・容量負荷の所見(うっ血性心不全、拡張型心筋症など)

・40歳以下では生理的Ⅲ音が聞かれることがある

 

Ⅳ音

・Ⅰ音の直前に聞かれる過剰心音

・拡張期の終わりに心房が収縮し、血液が残りの心室の壁にぶつかって生じる低音

・心室の拡張障害(うっ血性心不全、肥大型心筋症など)

 

Levine分類

Ⅰ:非常に微弱で聴診器を当てた直後には聞き取れない

Ⅱ:弱いが,容易に認めることができる
Ⅲ:やや強勢,振戦なし
Ⅳ:やや強勢,振戦あり(スリルが触れる、「シリル」と覚える)
Ⅴ:強勢でchest pieceの端を胸壁に当てただけで聴こえる
Ⅵ:最強勢,chest pieceを胸壁に近づけただけで聴こえる

 

弁膜症各論

AS
・遅脈(脈の立ち上がりが遅い)、小脈(拍動が小さい)
・心不全、失神、狭心症の原因
・大動脈弁の狭窄で発生する収縮期駆出性雑音を聴取
・第2肋間胸骨右縁(2RSB;大動脈弁領域)に最強点
→右鎖骨頭の上でよく聴取
・右頚部から心尖部にかけて幅広く分布
AR
身体所見

・Corrigan脈:動脈圧の立ち上がりが急で大きく,急速に小さくなる脈
・Dennison徴候:座位で頚部に動脈性の拍動(拍動を触知できる)が見られる

聴診所見
・拡張早期の逆流性雑音
・脈圧増大、大脈圧(脈圧が収縮期血圧の1/2以上)
・to and fro雑音
ARにおける逆流性の拡張期雑音と相対的なASによる収縮期雑音の連続
・Austin Flint murmur
・重症ARで聴取
・心尖部、ベル型で聴取
・拡張中期ランブルと前収縮期(Ⅰ音の直前)の低調な心雑音の2成分から成る
(「息を吐きながら唇や舌を震わした時に生じるブルブルという音」)
・機序:「ARの逆流血が僧房弁前尖の開放を制限することによる機能的MS」「僧房弁からの左室流入血とARの逆流血流との合流により生じる乱流」などの説。
・器質的MSが存在しないのにMS類似の雑音が聴取されるというのがポイント

参考:

 

 

 

MR
・全収縮期雑音(Ⅰ音、Ⅱ音とも不明瞭)
・心尖部から左腋窩、左肩甲骨下角に放散
診察・検査循環器
スポンサーリンク
シェアする
Dr.Gawaso,M.D.,Ph.D.をフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.GawasoのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました