スポンサーリンク

腰痛症(red flag sign、圧迫骨折など)

腰痛の疫学

・腰痛の罹患率

有訴率:40~50%

既往歴:70~80%

・85%は原因不明の非特異的腰痛(3週間以内に自然軽快)

・原因疾患の97%は整形疾患、2%が腹部内蔵疾患、1%が脊椎がんや炎症性関節炎、感染症

 

分類

1)原因による分類

脊椎由来

神経由来

内臓由来

血管由来

心因性

非特異的腰痛(原因不明)

期間による分類

急性:4週間未満

亜急性:4週以上3か月未満

慢性:3か月以上

2)期間による分類

急性:4週間未満

亜急性:4週以上3か月未満

慢性:3か月以上

 

まず除外すべき鑑別疾患

大動脈解離、腹部大動脈瘤、尿管結石、腎盂腎炎、急性膵炎など

腰痛のred flag sign

突然発症

・急性脊椎硬膜外血種(特に抗血小板薬や抗凝固薬内服中)

・腎梗塞(心房細動既往)、出血

・副腎出血

・AAA破裂

 

胸痛の合併

・大動脈解離

 

発熱

・感染症

 

年齢<20歳

・腰椎すべり症、腰椎分離症、悪性疾患、感染症

 

年齢>55歳

・悪性疾患(多発性骨髄腫、転移性骨腫瘍、悪性リンパ腫など)、骨折、腹部大動脈瘤

 

時間や活動性に関係のない腰痛

・悪性疾患、感染症(化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、硬膜外膿瘍)

 

がん、ステロイド、HIV感染の既往

・悪性疾患、病的骨折、感染症

 

栄養不良、体重減少

・悪性疾患(多発性骨髄腫、転移性骨腫瘍、悪性リンパ腫、等)

 

広範囲に及ぶ神経症状、サドル麻痺

・椎間板ヘルニア、馬尾症候群

 

構築性脊椎変形

・側弯症、後弯症

 

治療

red flagsがなければ4~6週間の保存治療を行い、改善しなければ精査を行う

・原因不明の非特異的腰痛の急性期では「痛みに応じた活動性維持」

・認知行動療法(亜急性、慢性)

・腰椎コルセット(急性、亜急性)

 

※ 脊椎圧迫骨折

・Th10~L2に多い
・痛みの訴えは「L4~5付近」が多いので騙されないこと。
・必ず打腱器、手拳で叩打して、痛みのある脊椎を確認する。
・検査は「腰椎2方向」「胸腰椎移行部2方向」
・必要に応じてCT、MRI追加

 

 

 

 

 

 

リハビリテーション医学・医療コアテキスト

 

 

 

 

 

 

 

リハビリテーション医学・医療コアテキスト準拠 リハビリテーション医学・医療Q&A

コメント

タイトルとURLをコピーしました