スポンサーリンク

てんかん(epilepsy)

てんかんの定義

・大脳の神経細胞の過剰な電気活動により、反復して発作を起こす慢性の脳疾患。
・明らかな原因がるものを「症候性てんかん」といい、原因のないものを「特発性てんかん」という。
・「てんかん(epilepsy)」によって引き起こされた痙攣が「てんかん発作 Seizure , Epileptic Seizure )」である。
※「痙攣(convulsion)」とは、 全身または一部の筋肉の不随意かつ発作的収縮を示す症候名(involuntary muscle contraction)である

てんかんの原因

大きく分けると、脳に傷などの異常がある器質性の原因と、そうでない機能的な原因に分けられます。
1)器質性の原因:症候性てんかんと呼ばれるもの

例:分娩時の頭部外傷、先天性代謝異常、先天性奇形、乳幼児期の虚血、感染症、変性疾患、脳腫瘍、脳血管障害、など

2)機能的な原因:特発性てんかんと呼ばれるもの

遺伝子変異が見られるものもあります。

 

てんかんの検査

・てんかんの発作間欠期の脳波検査の感度は非常に低い。
・そのため、脳波検査で異常がないからといっててんかんを否定することはできない。
・逆に、「脳波の異常があるからといっててんかんというわけではない」。
「てんかんの診断はあくまで症状からおこなうものである」

ただし
「てんかん発作が起きているときの脳波が記録できて、それが発作の脳波であればてんかん発作であると診断できる」

てんかん専門医は、発作の症状からてんかんの焦点を推測し、それと一致した部位に脳波の異常があれば「てんかんらしい」と考えます。脳波異常がなくてもてんかん発作と思われる症状を反復する場合はてんかんと診断できます。

 

てんかんらしい、となった場合は脳波検査や血液検査の他に、てんかんの原因を探るため頭部画像検査(CTやMRI)などをおこないます。

 

てんかん外科治療が必要になるかもしれないときは、PETやSPECTなどの脳機能画像検査、脳磁図、頭蓋内脳波などのより専門的な検査を「てんかんセンター」と呼ばれる高度てんかん治療の可能な専門施設でおこないます。

てんかん発作の国際分類

I. 部分発作
1.単純部分発作:意識の保たれる発作
  ・運動症状を示すもの(回転、姿勢、運動、など)
  ・感覚症状を示すもの(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、など)
  ・自律神経症状(吐き気、発汗、立毛、顔面蒼白、など)
  ・精神症状(既視体験、恐怖、巨視、音楽、情景、など)
2.複雑部分発作:意識のなくなる発作
  ・単純部分発作から移行する
  ・初めから意識が無くなる
3.二次性全般化:1) や2) からけいれん発作に移行するもの

 

II.  全般発作
1.欠神発作:ボーとして短時間意識を失うもの
2.ミオクロニー発作:身体の一部分ないしは全身の筋肉がピクンとするもの
3.間代発作:カクカクする発作
4.強直発作:突っ張る発作
5.強直間代発作:突っ張ってからカクカクする発作

6.脱力発作:筋肉の力が抜ける発作

脳神経系
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました