泌尿器科

スポンサーリンク
泌尿器科

尿道カテーテル挿入(特に挿入困難例に対する対処法)

カテーテルの選択 ・サイズは14~18Fr(18Fr以上だと、尿道粘膜損傷の可能性もあり) ※ちなみに1Fr=1/3㎜ 挿入法 ・ゼリーを10ml程度、外尿道口より注入後に挿入を試みる。 ・挿入困難であったカテーテルよ...
2022.11.24
救急

前立腺炎(急性細菌性前立腺炎)

症状 ・多くは突然発症する ・ほとんどは基礎疾患を認めない人に発症する ・発熱(高熱)、寒気、尿混濁、頻尿、排尿時痛など ・大腸菌が最多(58~88%)、若年者では淋菌やクラミジアなどの性感染症も考慮する必要あり ...
2022.11.23
救急

尿管結石

検査 尿潜血検査 感度84%(偽陰性16%)、特異度48%(偽陽性が52%) ・偽陰性が16%で、尿潜血陰性でも除外はできない ・偽陽性が50%で、尿潜血陽性でも確定診断できない エコー 感度19% ・エコ...
2022.11.23
感染

単純性膀胱炎治療

抗菌薬 ① ST合剤 ・バクタ 1回2錠 1日2回 3日間 ※妊婦には禁忌 ② βラクタム系 ・セファレキシン(ケフレックス®);第一世代セフェム 1回500㎎ 1日3回 3~7日間 ・アモキシシリ...
2022.11.23
感染

尿道炎(淋菌、クラミジア)

原因菌 ・クラミジア(Clamydia trachomatis) ・淋菌(Neisseria gonorrhoeae):グラム陰性双球菌 ※ 淋菌尿道炎の20~30%にクラミジア感染症を合併する。 ※ 反応性関節炎を来す...
2022.10.29
感染

尿路感染症

原因菌 ・大腸菌が75~95%を占める ・その他、クレブシエラ、プロテウスなどのグラム陰性桿菌 ・複雑性では緑膿菌、腸球菌、ESBL産生腸内細菌など 尿検査所見 ・「尿白血球検査」と「尿亜硝酸塩試験」を併用することで診断的...
2022.10.07
泌尿器科

下部尿路症状

下部尿路症状とは 「頻尿」「尿失禁」「排尿困難」等の症状を下部尿路症状という。 検査 ・検尿 ・腎機能採血 ・PSA ・残尿測定(エコーで。判定しずらい場合は導尿) → 残尿≧100mLの場合、異常→専...
2022.09.19
泌尿器科

急性陰嚢症

3大急性陰嚢症 ・精巣(精索)捻転症→まずはこれがないか確認! ・精巣上体炎 ・精巣垂捻転 の3つを考える。 ※腹痛のみの場合もある(しかし腹部に圧痛はない) → 精巣はTh10~...
2022.08.24
診察・検査

血尿が見つかったら

血尿の主な原因 ① 膀胱癌などの悪性腫瘍 ② 尿路結石 ③ 尿路感染症 ④ 糸球体性血尿 ⑤ その他(激しい運動、月経血の混入、外傷など) まずは一過性血尿の除外 ・外傷、運動後、月経、尿路感染症などの原因がは...
2021.11.11
エコー

前立腺エコー(容積測定)

正常容積 前立腺の正常な大きさは30mL未満とされており、これよりも大きくなった場合は前立腺肥大とされる。 前立腺の測定方法 基本的に前立腺の最大断面が写っている画像が得られていれば、大きな測定誤差は生じないと考えられる。 ...
2021.11.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました