腎臓

スポンサーリンク
腎臓

低Na血症(低ナトリウム血症)の鑑別、治療

体液量の判断によらない「低Na血症の鑑別」 1.血漿浸透圧による鑑別 ・まずは血漿浸透圧を測定する(正常:280~295mOsm/kg) 計算式: 血漿浸透圧(mOsm/kg) =2(mEq/L)+{血糖 (mg/dL...
2021.11.17
腎臓

Na分画排泄率(FENa:Fractional Excretion of Na)

・糸球体からボウマン嚢に濾過されたナトリウムのうち、尿中に排泄されるナトリウムの% ・採血とスポット尿で計算が可能。 ・腎前性、腎性腎不全の鑑別に有用。 ・一般に、生体にとって必要なナトリウムは腎臓そのものが正常であれば再吸収を行...
2021.11.11
腎臓

低K血症(低カリウム血症)の鑑別、診断

定義 血清K<3.5mEq/Lの状態 低K血症の原因、機序 ① 摂取量の低下 ・Kを含まない補液による医原性多い ② 細胞内への移動 ・アルカローシス アルカローシスでは,細胞外H +濃度の低下に対...
2021.11.10
腎臓

慢性腎臓病(CKD):定義、治療、腎臓専門医への紹介基準

定義 ① 尿異常,画像診断,血液,病理で腎障害の存在が明らか。特に 0.15 g/gCr 以上の蛋白尿(30 mg/gCr 以上のアルブミン尿)の存在が重要 ② GFR<60 mL/分/1.73 m2 上記①,②のいず...
2021.10.30
腎臓

急性腎障害(AKI)

AKIの定義 ①~③のいずれか1つを満たす場合をAKIと定義する ① 48時間以内に血清クレアチニン値が0.3mg/dl以上上昇 ② 血清クレアチニン値がそれ以前7日以内に判っていたか、予想される基礎値より1.5倍以上の増...
2021.10.04
診察・検査

尿検査所見

尿比重 1.009~1.025 尿浸透圧 50∼1300 mOsm/kg H2O 尿糖 食後血糖が170㎎/dL以上になると陽性になる。 尿蛋白定量 ・腎障害診断のための尿蛋白定量では、1日蓄尿による測...
2021.10.04
腎臓

急性間質性腎炎

・尿細管と間質の原発性損傷であり,腎機能低下をもたらす。 ・急性腎障害の原因の6~30%を占める ・急性型はほとんどの場合,薬物アレルギー反応または感染症が原因である。 ・慢性型は,多種多様な原因により発生し,これには遺伝...
腎臓

CKDのリハビリテーション

保存期 ・持久力(心肺機能)訓練はどのCKDステージにおいても推奨される。 ・筋力増強訓練は、状態が安定していれば可能 末期腎不全(腎代替療法) 非透析日 ・非透析日は1回30~40分程度の歩行訓練、エルゴメーターなど...
診察・検査

CcrとeGFRの違い、計算式

CCr計算式(Cockcroft-Gault 式) ※ 「性別」「年齢」「血清Cr値」「体重」が必要 男性:(140 - age ) x BW(Kg) / (72 x serum creatinine(mg/dl) ) ...
2021.05.03
エコー

腎臓のエコー所見

【正常所見】 参照(このサイトより引用): ・大きさ:9~12cm ・中心の高エコー域を「腎洞部」 ・その辺縁にある低エコー域を「錐体」、その外側が「皮質」 ...
2020.12.27
腎臓

透析患者点滴指示(例)

① ソリタT1 500ml+50%ブドウ糖2A(40ml)+ダイビタミックス1A② ネオアミユー200ml日中キープ、夜間ロック可
腎臓

Renin-Angiotensin-Aldosterone System;RAAS)

全身の血圧が低下して腎血流が減少すると、腎臓の輸入細動脈の壁にある傍糸球体細胞からレニンが分泌され、肝臓から分泌されるアンジオテンシノーゲンからアンジオテンシンIという物質をつくります。↓アンジオテンシンIは、肺血管内皮細胞から分泌されるア...
診察・検査

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群( Nephrotic syndrome)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。低蛋白血症、高度な蛋白尿、浮腫(眼瞼や下肢)を主な症状とし、病理学的には糸球体基底膜の透過の亢進を一次的異常として認める...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました