スポンサーリンク

化学物質の有害性

スポンサーリンク

無毒性量(NOAEL)と最小毒性量(LOAEL)

・「無毒性量(NOAEL:No Observed Adverse Effect Level)」と「最小毒性量(LOAEL:: Lowest Observed Adverse Effect Level)」はともに、慢性毒性を調べるための動物試験などにおける有害性の程度を表す指標である。

・「無毒性量(NOAEL)」は動物試験等で有害な影響が認められない最高の投与量である。

・「最小毒性量(LOAEL)」は動物試験等で有害な影響が認められた最低の投与量である

 

・このような数値は実験で求めます。例えば1ずつ濃度を変えて調べていけば、5のときがNOAELだとしたら、6がLOAELになります。必ずLOAELが大きくなります。

 

NOAELの方は影響が現れない投与量なので比較的確実性が高いが、LOAELは影響が現れない投与量が分からないので比較的信頼性が低い。そのため、ヒトに対する影響を推定するときは、NOAELが得られればNOAELを用い、LOAELはNOAELが得られない場合に用いる。

NOAELの方が信頼性が高いので、NOAELが得られればNOAELを用いる。LOAELはNOAELが得られない場合に用いる。

・また、ヒトに対する影響を推定するときの不確実係数(UF)の算定に当たって、LOAELを使用する場合はディフォルトで10倍(NOAELは1倍)する。

 

スポンサーリンク

不確実係数(UF)

・リスク評価のための種々のデータには、不確実な点が多く含まれます。

・例えば、“化学物質Aのヒトへの発がん性は100万人に1人の確率である” ことを、100万人のヒトをその寿命まで化学物質Aに暴露させて証明することはできません。

・そのため、ヒトの代わりにラットなどの動物で実験しますが、その結果からヒトに対する発がん性を推定するため不確実さが生じるのです。

・そこでリスク評価では、その不確実さによりリスクが小さく見積もられることがないようにUF( 不確実係数)を設定し、より安全側に立った評価をするようにしています。。

・一般的には、動物とヒトの違いである種差(×10)と、感受性の違いである個人差(×10)を考慮した100を基本の値とします。

 

スポンサーリンク

変異原性、発がん性、生殖毒性

変異原性
「変異原性」とは、生物の遺伝情報に不可逆的な変化を引き起こす性質のこと。
・「エームス試験」は変異原性試験の一種であり、がん原性試験のスクリーニング試験として位置付けている。サルモネラ菌や大腸菌が使われる。
発がん性
「発がん性」とはヒトにがんを生じさせる性質のことである。
・「発がん性」のある物質の多くに「変異原性」が見られるため、安衛法では変異原性試験(Ames試験)をがん原性試験のスクリーニング試験として位置付けている。
・変異原性試験は発がん性のスクリーニングとして実施されているが、発がん性のあるものが変異原性を有するとは限らない
・エームス試験は、遺伝子組換えで突然変異を起こしやすく変異させたサルモネラ菌や大腸菌の寒天培地に試験物質を作用させ、突然変異を引き起こしたコロニー数で変異原性の強さを調べる試験である。
生殖毒性
「生殖毒性」とは、雌雄の成体の生殖機能及び受精能力に対し悪影響を及ぼす性質及び子の発生に対し悪影響を及ぼす性質をいう。
・雌雄の成体の生殖機能及び受精能力に対し悪影響を及ぼす性質及び子の発生に対し悪影響を及ぼす性質をいう。

特定標的臓器毒性(反復ばく露)

・反復ばく露によって初めて生じる特異的な非致死性の特定標的臓器・全身毒性をいう。

刺激性と感作性

・「感作性」とは接触によりアレルギー反応を誘発する性質をいう。

刺激性

「刺激性」とは比較的短期間で完全に治癒する可逆的な損傷を与える性質をいう。

「皮膚刺激性」とは、化学品の4時間以内の皮膚接触で、皮膚に可逆的な損傷を発生させる性質をいう。

「眼刺激性」とは、眼の表面に化学品をばく露した後に生じた眼の変化で、ばく露から21日以内に完全に治癒するものを生じさせる性質をいう。

 

感作性

感作性とは接触により皮膚や呼吸器にアレルギー反応を引き起こす性質をいう。

「呼吸器感作性」とは、化学品の吸入によって気道過敏症を引き起こす性質をいう。

「皮膚感作性」とは、接触によりアレルギー反応を誘発する性質を言う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました