スポンサーリンク

振動障害

スポンサーリンク

日振動ばく露量A(8)

・日振動ばく露量A(8)とは、1日当りの振動ばく露量であり、工具の3軸合成値a(m/s2)及び1日当たりの振動ばく露時間Tから次式により算出できます。

a:周波数補正振動加速度実効値の3軸合成値(m/s²)

T:1日当たりの振動曝露時間(

 

「3軸合成値」とは

・使用する振動工具のすべての振動に対し、人体に影響を与える周波数帯域を抽出し、周波数ごとの補正を行って振動の強さとして表した振動値を、前後、左右、上下の3方向測定して合成した値。

・これは手腕への振動の強さを表します。

a=「周波数補正振動加速度実効値の3軸合成値」[m/s2]

 

スポンサーリンク

日振動ばく露量の管理について

1項で計算した日振動ばく露量A(8)にもとづき、以下の①から③のように管理してください。

①合計の日振動ばく露量A(8)が、「日振動ばく露限界値」である5.0m/s2を超えないように、振動ばく露時間の抑制(工具の使用時間を短くする)、低振動の工具の選定等を行う。
②合計の日振動ばく露量A(8)が、日振動ばく露限界値(5.0m/s2)を超えない場合であっても、「日振動ばく露対策値」である2.5m/s2を超える場合は、振動ばく露時間の抑制、低振動の工具の選定等に努める。
③日振動ばく露限界値に対応した1日の振動ばく露時間(振動ばく露限界時間)が2時間を越える場合、当面、1日の振動ばく露時間を2時間以内とする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました