スポンサーリンク

脳静脈洞血栓症

疑うべき所見

・髄膜炎にしては熱はないが、頭痛が増悪傾向にある

・腰椎穿刺で細胞数は正常であるが、圧が高い

・頭部CTで脳が腫れている

・若年者(特に妊婦)の急性発症の精神症状や人格変化時の鑑別

 

原因

 

・遺伝的素因(アンチトロンビンⅢ欠乏症、プロテインC/S欠乏症、など)

・後天性凝固亢進状態(手術、外傷、妊娠、産褥、悪性腫瘍、抗リン脂質抗体症候群、経口避妊薬など)

・脳周辺解剖からの直接的な炎症の広がり(副鼻腔、中耳、乳様突起など)

・腫瘍による直接的圧迫により、脳静脈洞に血栓形成

 

特徴、症状

・若年~中年(≦50歳)

・数日~数週間で徐々に増悪する頭痛(時に電撃痛もあり)

・脳脊髄液吸収障害による頭蓋内圧亢進症状(頭痛、嘔気、複視、意識障害)

・頭蓋内圧亢進のため、バルサルバ手技、労作、横向きで増悪する

・頭蓋内圧が亢進すると外転神経麻痺、視力障害、意識障害、精神症状に至ることがある。

・静脈還流障害からの静脈梗塞、静脈出血

・痙攣

・意識障害

・乳頭浮腫

 

【画像所見】

MRI(T2*、MRV)、CT venography

(MRIの方がより感度が高く有用)

・静脈梗塞

・脳浮腫

・出血性静脈梗塞

・限局性の皮質のクモ膜下出血

・造影CTで硬膜の造影増強効果、静脈洞内血栓

 

参考(このサイトから引用しました):https://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp/archives/12131

 

 

 

 

 

脳神経系
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
総合診療・救急医療施策要綱(Dr.がわそのBlog)

コメント

タイトルとURLをコピーしました