スポンサーリンク

電離放射線障害防止規則・放射線による健康障害

スポンサーリンク

「電離放射線」と「非電離放射線」の違い

・電離放射線は、物質を構成する原子を電離(正電荷のイオンと負電荷の電子に分離)する能力(電離作用)を持つ。

・そのため電離放射線はDNAなどの生体高分子への電離作用により、発がんや突然変異などの生態影響を及ぼす可能性がある

・一方、非電離放射線は生体組織の分子に対する電離作用はなく、発がんや突然変異などの生態影響を及ぼさない。

 

スポンサーリンク

電離放射線

電離放射線には、光の性質をもつ「電磁波」と、粒子の性質をもつ「粒子線」がある

電磁波

・電磁波にはγ線、X線、がある

波長が短いほど、エネルギーが大きいそのため波長の短いγ線、X線といった電磁波はエネルギーは大きく、人体を通過する。

 

粒子線

・α線、β 線、X 線、中性子線、重粒子線、等

・α線:

アルファ線は、原子核のアルファ崩壊で放出される粒子線である。

アルファ線は、電荷が正のヘリウム原子核(陽子2個・中性子2個)からなっている。

紙1枚でもさえぎることができる。

・β線:

β線は、陽子または中性子の崩壊によって放出される電子である。

β線は、物質中を通過する際に電離を引き起こすことができるが、相対的に軽いため、物質中で減速しやすく、比較的短い距離で吸収される

 

 

 

スポンサーリンク

放射線による健康障害

「身体的影響」と「遺伝子的影響」

・電離放射線に被ばくした場合、被ばくした本人に直接出る影響を「身体的影響」という

・電離放射線に被ばくした場合、被ばくした人の子孫にでる影響を「遺伝的影響」という

 

「急性障害」と「晩発障害」

・急性とは、被ばく後2~3カ月以内に現われてくるもの

・晩発とは、被ばく後数ヶ月から数十年後に症状が出る

 

「確定的影響」と「確率的影響」

確定的影響

・一定の閾値(しきいち)を超えると必ず発症するもの。

・急性障害と晩発性障害に分類される。

急性障害

・被爆から発症までが数週間までのものを急性障害と呼ぶ

・例えば、皮膚障害や吐き気、脱毛など

・このような影響は、線量との関係性は確定的なのもであるため、一定の線量以上であればほぼ確実に生じる

晩発障害

・被爆から発症までが数か月以上のものを晩発性影響と呼ぶ。

・電離放射線による晩発性影響は確率的影響であることが多いが例外もある。

・白内障は晩発障害ではあるが、放射線白内障の重篤度や潜伏期間の長さ、進行の速さは、被ばく線量に依存するとされており、確定的影響である

 

確率的影響

・閾値はなく、必ず発症する訳ではないが、線量が高いほど発症する確率が高くなるもの。

・がんや遺伝子異常などの発症リスクが線量とともに増加する影響

・放射線防護において、確率的影響にはしきい線量はないと仮定されています。この仮定に基づくと理論上どんなに低い線量でも影響が発生する確率はゼロではないことになります

・「白血病」「がん等の悪性腫瘍」(以上、晩発障害)、「遺伝子突然変異」「染色体異常」(以上、遺伝子的影響)がある

 

一覧表:この表を書けるようになることが必要

「急性皮膚炎の聖職者が急増するのは確定的」

「晩ごはんが白いごはんだけでがーん」

「遺伝で癌が移る確率は2分の1」(晩発障害の半分(癌、白血病)は確率的影響)

 

 

電離放射線の単位

グレイ(Gy):吸収線量

・放射線がある物質を通過する時に物質が吸収したエネルギーを表し、単位は [Gy(J/kg] を用いる

・ある放射線が1 kgの物質に1 J(ジュール)のエネルギーを与えた場合、吸収線量D = 1 [Gy] となります。

 

シーベルト(Sv):

・シーベルト(Sv)とは、放射線が人体に当たったときに、どのような健康影響があるのかを評価するための単位です。

・放射線の人体への影響を考える場合、受けた放射線の種類、放射線を受けた部位などを考慮する必要があり、グレイ(Gy)という値だけでは健康影響を評価することが困難です。

・そこで健康影響の評価を簡単に行えるよう、吸収線量(グレイ(Gy)の値)から計算式を使ってシーベルトの値を求めます。

・シーベルトの値は、まず人体の各部位(臓器等の組織)の吸収線量(グレイ(Gy))を求め、受けた放射線の放射線の種類による影響の強さの違いを補正するための係数(放射線加重係数)(や体の部位ごと(組織加重係数)に係数をかけて求めます。

 

※「放射線加重係数」β線、γ線、X線は1。α線は20

 

吸収線量、等価線量、実効線量

吸収線量

・吸収線量とは、電離放射線の照射により、単位質量の物質に付与されたエネルギーをいい、単位としてはGy(グレイ)が用いられる。

 

等価線量

・吸収線量(Gy)が同じでも、放射線の種類や組織・臓器によって人体への影響(確率的影響)は違う。

・「等価線量」とは、放射線を浴びた結果、生体に与える損傷の程度を表す指標である。

・組織、臓器における吸収線量に対し、放射線の種類ごとに影響の大きさを重み付けしたのもをいう。

・組織・臓器における吸収線量に対し、射線の種類ごとに影響の大きさを重み付けしたものを「等価線量」といいう。

「等価線量」は、吸収線量に放射線の種類による影響の強さの違いを補正するための係数(放射線加重係数)を掛けて算出する。

実効線量

・人体が被曝した際に生じる影響を定量的に評価するための指標である。

・実効線量は、臓器ごとの等価線量に、発がんの起こりやすさによって決められた係数(組織加重係数)を掛けて、すべての臓器を足し合わせて算出する。

・どちらも、シーベルト(Sv)の単位が用いられます。

 

※ 実効線量=Σ(等価線量×組織加重係数)

 

内部被ばく

・内部被ばくは、放射性物質を経口摂取、吸入摂取、経皮吸収、創傷吸収、医療的な投与によって体内に入ることによって起こる

・放射性物質が体内に入ると、排泄物と一緒に体外に排泄されるか(生物学的半減期)、時間の経過ともに放射能が弱まるまで、人体は放射能を受けることになる。

・内部被ばく線量の計算に必要となる摂取量の推定には、体の中から出てくるγ線を直接測る「体外計測法」と、排泄する尿や便にある放射性物質の量を測る「バイオアッセイを用いる方法」がある。

・これらの方法で得られた結果から、放射性核種、体内挙動(残留率、排泄率)、摂取経路、経過日数などから、どのくらいの割合の放射性物質が体に残っているか、排泄物中にあるかを計算し、摂取量を求める。空気中放射性物質濃度を用いて、作業条件や作用時間、吸収率、マスク等の防護係数か摂取量を計算する方法もある。

・摂取量と実効線量係数を掛けて実効線量を求める

 

 

管理区域(放射線管理区域)

・管理区域(放射線管理区域)とは、自然放射線レベルを超えて電離放射線にさらされる可能性があり、放射線障害防止のため、関係者以外の立ち入りを制限し、かつ作業者の被ばく管理を適正に行うことを目的とした区域のことを指す。

・原子力施設、放射性廃棄物の中間・最終貯蔵施設、電離放射線を発生させる施設(粒子加速器など)、エックス線施設、放射性同位元素等の取扱い施設(実験室や核医学)などは管理区域を設定しなければならない。

 

管理区域の定義

管理区域は、法令により定められる基準により定義されます。

外部放射線に係る線量、空気中の放射性物質の濃度(空気中放射能濃度)、汚染された物体の表面の放射能密度(表面密度)に定められる基準を超えるおそれのある区域は管理区域に設定する必要があります。

管理区域の基準

① 外部放射線による実効線量と空気中の放射性物質による実効線量との合計が3月間につき1.3mSvを超えるおそれのある区域

② 放射性物質の表面密度が、表面汚染に関する限度の1/10を超えるおそれのある区域

 

(三日月のひみつ 1cmの天パー→三日月:3か月、ひみつ:1.3、1cm→線量1cm、天パー:1/10)

 

電離放射線従事者の被ばく限度

男性、妊娠の可能性がない女性

基本:5年間につき100mSv、かつ1年間につき50mSv

緊急時:100mSv

(恋多きikko kinkiは100点→こ:5年、いおお:100mSv、いっ:1年、こう:50mSv、kinki:緊急、100点:100mSv)

 

妊娠可能、妊娠中の女性

・妊娠可能女性:実効線量を3か月5mSv以下とする(:巫女さん)

(三日月にごめんで妊娠可能→三日月:3か月、ごめん:5mSv、妊娠可能)

・妊婦

内部被ばく:実効線量1年間に1mSv以下

腹部表面の外部被ばく:等価線量1年間に2mSv以下

(赤ちゃんは姫→赤ちゃん:妊婦、姫;1mSvまで)

 

 

電磁波の波長

・ガンマ線<エックス線<紫外線<可視光線<赤外線<マイクロ波<電波

星がみえる赤マイク

→ほ:放射線、し;紫外線、見える:可視光線、赤;赤外線、マイク:マイクロ波)

・波長が短いほど、エネルギーが大きい(γ線、X線といった電磁波は波長が短く、エネルギーは大きい)

 

放射線従事者の眼に生じる恐れがある健康障害

疾患

・放射線白内障

・放射線網膜症

 

予防

・放射線業務従事者の眼の水晶体に受ける等価線量は5年につき100mSvおよび1年につき50mSvを超えないようにしなければならないとされている。

・健康障害を予防するための措置

眼を放射線から守るための遮蔽物の使用

放射線源を遠ざける

眼の個人用保護具の使用

電離放射線健康診断の実施

放射線業務従事者に対する研修・教育の実施

 

ALARA(As Low As Reasonably Achievable)の原則(アララの原則

・放射線防護の基本原則のひとつ

・個人の被ばく線量や人数を、経済的及び社会的要因を考慮に入れたうえ、合理的に達成できるかぎり低く保つことである。

・必ずしも被ばくを最小化するというのではなく、社会・経済的なバランスを考慮しつつ、

可能な限り被ばくを少なくするよう努力するということである。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました