スポンサーリンク

非アルコール性脂肪肝性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)

疾患

・脂肪肝は「アルコール性」と「非アルコール性」に大別される。

・「アルコール性ではない」飲酒量の目安:

純エタノール男性 30g/日、女性20g/日未満の場合、「アルコール性ではない」と判断

 

非アルコール性脂肪肝性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)

・組織診断、あるいは画像診断で脂肪肝を認め、「アルコール性肝障害」「ウイルス性(HBV、HCVなど)」「自己免疫性肝炎」「原発性胆汁性胆管炎」などの他の肝疾患を除外した病態。

肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧などの既往を有することが多い。

・「アルコール性ではない」飲酒量の目安:

男性 30g/日、女性20g/日未満の場合、「アルコール性ではない」と判断

 

※エタノール20g(=1単位=2ドリンク)と同等価のアルコール飲料

(参照:アルコール飲酒量の問診(適正量、依存の診断)

日本酒1合、ワイングラス2杯、焼酎25%0.6合(110mL)、缶チューハイ7% 350ml1本、ビール中瓶(500mL)1本、ウイスキーダブル1杯(60mL)、

 

 

NAFLDは下記の二つに分類される

① NASH(非アルコール性脂肪肝炎:nonalcoholic steato-hepatitis)

NAFLDのうち10~20%

5年で15%が肝硬変に進展し、肝癌発症の可能あり

② NAFL(非アルコール性脂肪肝:nonalcoholic fatty liver)

NAFLDのうち80~90%

長い経過をみても脂肪肝のままで、病気はほとんど進行しない。

 

こんな時はコンサルテーション

NAFLDの症例で、血液検査項目で「肝線維化リスク」がある場合、専門医へ紹介

FBI‐4index(フィブフォー・インデックス)≧1.3

・肝臓の線維化の進展度合いを評価するための血液検査データを組み合わせたスコアリングシステム。

・AST、ALT、血小板数、年齢の4項目を組み合わせて計算し、得られた数値から線維化の進展の度合いを評価する。

計算式

 

NAFLD fibrosis score≧1.45

・年齢、高血糖、BMI、血小板数、アルブミン値、AARを組み合わせて計算し、得られた数値から線維化の進展度合いを評価。

計算式

 

血小板数<14万

 

 

M2BPGi  1.0 COI以上

Mac-2 binding protein glycosylated isomers(Mac-2 結合蛋白糖鎖修飾異性体)

肝線維化の進展にともなって変化するタンパク質上の糖鎖構造をとらえる新しい種類のマーカー

 

 

消化器
シェアする
Dr.がわそをフォローする
スポンサーリンク
新潟の総合診療医、家庭医療専門医・Dr.がわそのBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました