スポンサーリンク

咽頭痛、咽頭炎の診察(5 killer sore throat(致死的咽頭痛)を含む)

※身体診察のみで正確な診断は困難。疑ったら迷わず造影CTを!!

 

red flag症状

・嚥下が困難な程の強い嚥下時痛、嚥下困難

・突然発症(心筋梗塞、大動脈解離、咽頭遺物、縦郭気腫、食道破裂)

  ・流涎

・開口困難(→深頚部感染症、破傷風、巨細胞性動脈炎)

・声の変化(くぐもった声→急性喉頭蓋炎)

・呼吸苦

・喘鳴

  ・頚部stridor聴取

・頚部腫脹

  ・口蓋垂の偏位

 

代表疾患

急性喉頭蓋炎

小児:3~7歳
・インフルエンザ桿菌が多い
・こもった声、高熱、嚥下痛、座位で流涎、stridor
・前頚部正中に著明な圧痛あり
・検査:頚部側面X線

成人:

・インフルエンザ桿菌以外に、連鎖球菌やブドウ球菌、大腸菌、ウイルス、真菌などの幅広い微生物によって発症する
・喫煙者、男性に多い

・感冒症状を前駆症状として発症

・「これまでの風邪でこんなに喉が痛かったことはない」が決め手

・唾液嚥下すら困難な強い嚥下痛

・流涎

・発熱(早期には認めないことが多い)

・こもったような声(muffled voice)

・tripod position、sniffing positionをとることがある

・舌骨部の圧痛

・stridor(+)なら緊急事態

・頚部側面軟線撮影(thmub sign、vallecula sign)

thmub sign:喉頭蓋が腫大し、親指のシルエットのように見える(感度は50%)
vallecula sign:喉頭蓋谷の消失

 

参照(このサイトより引用):https://tsunepi.hatenablog.com/entry/2016/07/12/010000

・検査

血培提出

(咽頭ぬぐい液の採取は禁忌!)

・治療

Hibを想定し、CTRX2g 24時間毎に7~10日

 

 

扁桃周囲膿瘍

・片側性の激しい疼痛

・「のどが痛くて食事が摂れない」「口が開けにくい」

・口蓋垂の偏位、前口蓋弓の前方への突出

・疑われたら咽頭造影CTを

 

咽頭後壁膿瘍(咽後膿瘍)

・食道と椎体に挟まれる軟部組織の空間(retropharyngeal space)に生じた炎症

・脳底部から縦郭まで波及する可能性がある

・小児に多い

・成人例では外傷、魚骨などの異物誤嚥、免疫能低下患者でみられることが多い

・咽頭痛、発熱、斜頸、嚥下障害、

・muffled voiceを呈することもある

・確定診断は頚部造影CT

 

 

下顎窩膿瘍(Ludwig’s angina)

・顎下部の軟部組織の蜂窩織炎

・顎下部から前頚部にかけて腫脹、発赤を認める

・下顎歯(特に第2、第3臼歯)の齲歯からの感染波及が多い

・嚥下痛、嚥下障害、開口障害、流涎、stridor

 

Lemierre syndrome(内頚静脈感染性血栓性静脈炎)

・主に扁桃炎や咽頭炎といった口腔内の感染症が一段落した後、2~3週間してからリンパ管を介して広がった細菌が頸動脈鞘、特に頚静脈に炎症が波及して化膿性血栓性静脈炎をきたしたもの

・若年者(平均22歳)に多い

・起炎菌は口腔内の嫌気性菌(特にFusobacterium necrophorum)が多い

・咽頭痛、頚部腫瘤、頚部痛の訴え

・内頚静脈に沿った圧痛を認める

・全身に菌が散布され、敗血症性肺塞栓症や感染性心内膜炎、膿胸、関節炎などをきたす(死亡率5~20%)

・頚部造影CTが必要

血栓でつまった内頚静脈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参照(このサイトより引用):https://radiologykey.com/lemierres-syndrome/

 

 

 

 

卒後15年目総合内科医の診断術 ver.2

 

 

 

 

 

 

 

研修医当直御法度 第6版 ピットフォールとエッセンシャルズ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました