スポンサーリンク

ヘリコバクター・ピロリ感染症(検査、治療)

 

 

検査

「尿素呼気試験」は感度、特異度ともに90%以上
・「便中抗原検査」や「血清抗体検査」は特異度が低いため、偽陽性が多く出てしまう
→これらはスクリーニングには使用しないこと
・PPI内服患者では検査偽陽性となるため、少なくとも2週間以上の休薬が必要。

 

治療

・除菌により、胃がん発生を減らすことができる(しかし総死亡は減らない)。

1次除菌(除菌率90%)

ボノサップパック 400 1日1シートを朝夕食後の2回に分服 / 7日間

 

2次除菌

ボノピオンパック 1日1シートを朝夕食後の2回に分服 / 7日間

 

・副作用:

下痢、軟便(10~30%)

異味症、皮疹(2~5%)

出血性腸炎(ごくまれ)

 

・治療後の効果判定検査は4週間以上あけて検査する。

 

除菌後の検診間隔

毎年の検査を勧める。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました