小児科

スポンサーリンク
感染

ワクチン接種手技(皮下注射、筋肉注射)

皮下注射 ・「大腿前外側」「上腕外側(三角筋中央部、上腕後外部下1/3)」が推奨されている ・上腕ならびに大腿の近い部位に接種する場合、接種部位の局所反応が重ならないように少なくとも2.5㎝以上あける。 参照:...
2021.11.18
泌尿器科

急性陰嚢症

3大急性陰嚢症 精巣(精索)捻転症→まずはこれがないか確認! 精巣上体炎 精巣垂捻転  の3つを考える。 ※腹痛のみの場合もある(しかし腹部に圧痛はない) → 精巣はTh1...
2021.11.11
救急

小児腹痛6大疾患

小児腹痛診察時の心得 ・胃腸炎とゴミ箱診断しないこと(嘔気、嘔吐、水様下痢の3つがそろって初めて胃腸炎といえる) ・6時間以上続く激しい腹痛があるのに、腹膜刺激症状がない場合は、「絞扼性腸閉塞」や「血管障害」による致死的な腹痛の可能性が...
2021.11.03
小児科

小児(子供)の健診、運動発達

乳幼児健康診査 ・母子保健法に基づいて、公費で乳児検診として「1歳6か月健診」と「3歳児健診」の2回(多くの市町村では3回)行われている。 1か月健診:出生した病院で行うことが多い 3~4か月:集団または個別健診 「体重は出生時...
2021.10.27
救急

小児虐待の骨折

・虐待で児が前後に激しく揺さぶられた場合、長管骨長軸に垂直方向に力が働き、骨端線に平行な骨折が生じる。 ・特に辺縁で骨折は明らかとなり、角骨折(corner fracture)と呼ばれる。 ・また骨折部がはっきりと離開すると弧状...
小児科

小児喘鳴 5疾患

「気管支喘息」「急性細気管支炎」「急性喉頭蓋炎」「クループ症候群」「気道異物」の鑑別を要す。 鑑別方法 1.喘鳴のタイミングは? →呼気性なら「気管支喘息」「急性細気管支炎」「気管支異物」 2.誤嚥を疑うエピソードはないか?...
2021.09.07
感染

伝染性紅斑(小児、成人)

伝染性紅斑(Erythema infectiosum) ・ヒトパルボウイルスB19(human parvovirus B19:PVB19)感染症 ・頬に出現する蝶翼状 の紅斑を特徴とし、小児を中心にしてみられる流行性発疹性疾患である...
2021.08.31
感染

咽頭炎、溶連菌性咽頭炎、扁桃炎

特徴 ・5~14歳に多い ・喉の片側が痛い ・咳は伴わない ・嚥下時痛 ・喉の全体が深紅色 ・白苔は少ない ・鼻水はない ・いちご舌:発症初期には白い苔が生えたようになり、その後赤いブツブツとなっ...
2021.07.29
救急

咽頭痛、咽頭炎の診察(5 killer sore throat(致死的咽頭痛)を含む)

※身体診察のみで正確な診断は困難。疑ったら迷わず造影CTを!! red flag症状 ・嚥下が困難な程の強い嚥下時痛、嚥下困難 ・突然発症(心筋梗塞、大動脈解離、咽頭遺物、縦郭気腫、食道破裂)   ・流涎 ・開口困難(→深頚部...
2021.07.28
小児科

二分脊椎

分類 顕在性(嚢胞性)二分脊椎 ・脊髄や馬尾神経が背側に脱出し瘤を形成するもの ・全例で神経徴候を伴い、水頭症、Chiari奇形、脊椎空洞症、感覚障害などの中枢神経異常を伴うことがある ・皮膚の被覆の有無で「開放性」と「閉鎖...
2021.07.26
小児科

「泣き止まない乳幼児(2歳未満)の鑑別疾患

3か月未満 ・乳児疝痛 ・便秘症 ・急性中耳炎 ・鵞口瘡 ・鼠径ヘルニア 3~12か月 ・急性中耳炎 ・乳児疝痛 ・腸重積 ・急性胃腸炎 12か月以上 ・食物アレルギー ...
小児科

川崎病診断基準

2019年5月改定 川崎病診断の手引き 改訂第 6 版 本症は、主として 4 歳以下の乳幼児に好発する原因不明の疾患で、その症候は以下の主要症状と参考条項とに分けられる。 【主要症状】 1. 発熱(発熱の日数は問...
脳神経系

熱性けいれん

特徴(定義) ・主に生後6〜60ヶ月までの乳幼児期に起こる。 ・通常は38℃以上の発熱に伴う発作性疾患(けいれん性、非けいれん性を含む) ・髄膜炎などの中枢性神経感染症、代謝異常、その他の明らかな発作の原因がみられないもので、...
2021.04.18
救急

小児の嘔吐(診察手順と経口補水液指導)

診察の手順 1.見た目のABCから緊急性を捉える(トリアージ) ・意識障害はないか?→あれば血糖測定を! ・循環不全はないか?→全例CRTを! 参照: 2.異常があればすぐ行動 ・意識障害あり→簡易血糖測定 ・...
2021.04.18
救急

小児トリアージ、バイタルサイン(ABC→vital 数値化→SOS)

見た目のABC(30秒で評価) A:appearance(外見) B:breathing(呼吸の仕方) C:circulation to skin(皮膚の色) 1)A:appearance(外見)→PALSで評価 P:play...
2021.04.18
救急

こどもの「風邪」

典型的病歴 ・乳児では「発熱」「鼻汁」が高頻度。その他「不機嫌」「食事摂取困難」「断眠」 ・幼児~学童では「鼻汁」「鼻閉」「咳嗽」が主症状 ※「下痢」や咳き込みを伴わない「嘔吐」はまれ 症状の持続時間 ・6歳未満で...
診察・検査

重症度の低い胸痛(Precordial catch , Bornholm disease)

【Precordial catch】 ・小児の胸痛の8~9割を占める ・健康な若年者(6~12歳) ・鋭く、激しく、限局(指1~2本で示せる範囲内)した前胸部痛が突然起こる ・持続は30秒~3分程度 ・放散痛はない ・誘因なく、...
2021.02.27
整形外科・外傷

肘内障:整復手技

【定義】 ・肘内障とは、幼児の肘関節の輪状靭帯と橈骨頭がはずれかける、いわゆる「亜脱臼」を起こしてしまった状。 ・2-5歳の小児に好発。 ・腕を真っ直ぐにしている時や、幼児が大人から衝動的に離れようとした時に、しばしば大人...
2021.02.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました