スポンサーリンク

GHS、SDS

スポンサーリンク

化学品の分類および表示に関する世界調和システム (Globally Harmonized System of Classification and Labeling of Chemicals:GHS)

GHS:化学品の分類および表示に関する世界調和システム

 

GHSとは?

・「化学品の分類および表示に関する世界調和システム」(The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals:GHS)は、2003年7月に国連勧告として採択されたものです。

・GHSは、化学品の危険有害性を世界的に統一された一定の基準に従って分類し、絵表示等を用いて分かりやすく表示し、その結果をラベルやSDS(Safety Data Sheet:安全データシート)に反映させ、災害防止及び人の健康や環境の保護に役立てようとするものです。

・GHSは、化学品の危険有害性に関する情報を、それを扱う全ての人々に正確に伝えることによって、人の安全・健康及び環境の保護を行うことを目的としています。

 

内容

・GHSでは、国際的に統一された方法で化学品の危険有害性を分類する。

・分類基準に従って分類した結果を調和された方法で情報伝達するための手段として、ラベルや安全データシート(SDS)がある。

区分1~4 数字が小さい方が危険・有害性が高い

1(危険)⇔4(比較的安全)

・分類基準に従って分類した結果を調和された方法で情報伝達するための手段としてラベルや安全データシート(SDS)がある。

・「危険有害性」には「物理化学的危険性」「健康に対する有害性」「環境に対する有害性」の3つがある。

・GHSには9種類の絵表示が決められており、危険有害性の区分に応じて表示することになっている

 

健康有害性を示す絵表示

・感嘆符:急性毒性(区分4)比較的危険有害性(又は証拠の確からしさ)の低いもの

・どくろ:急性毒性(区分1)

・健康有害:発がん性、生殖毒性、STOT等の慢性毒性等呼吸器感作性(区分1)

 

GHS「危険有害性」の種類

 

GHSラベルとは

・GHSとは世界に統一されたルールに沿って、化学品を危険有害性の種類と程度により分類し、労働者や取扱者が一目でわかるように、「ラベル表示」や「SDS(安全データシート)」を提供したりするシステムです。

・要は「安全に化学品を扱えるようにラベルを統一しましょう!」ということです。

GHSラベルの表示事項

・化学物質又は製品の名称

・注意喚起語

・貯蔵又は取り扱い上の注意

・標章(絵表示)

 

 

 

GHSの「危険有害性分類」

・GHSでは化学品の「危険有害性」を ①物理化学的危険性、②健康に対する有害性、③環境に対する有害性 の3つに分類している。

・さらに詳細な分類を9つのピクトグラムを用いて表示する。

 

 

① 物理化学的危険性 (17項目)

爆発物
可燃性ガス
エアゾール
酸化性ガス
高圧ガス
引火性液体
可燃性固体
自己反応性化学品
自然発火性液体
自然発火性固体
自己発熱性化学品
水反応性可燃性化学品
酸化性液体
酸化性固体
有機過酸化物
金属腐食性化学品
鈍性化爆発物

② 健康に対する有害性( 10項目)

1.急性毒性

2.皮膚腐食性/刺激性

皮膚腐食性:

試験物質の4時間以内の皮膚接触で、皮膚に不可逆的な損傷を生じさせる性質。
不可逆的な損傷:皮膚組織の破壊(表皮から真皮に至る視認可能な壊死)として認識される。

皮膚刺激性:

試験物質の4時間以内の皮膚接触で、皮膚に可逆的な損傷を生じさせる性質。

3.眼に対する重篤な損傷性/眼刺激性

眼刺激性:

眼の表面に化学品をばく露した後に生じた眼の変化で、ばく露から21日以内に完全に治癒するものを生じさせる性質

4.呼吸器感作性または皮膚感作性

呼吸器感作性:
化学物質の吸入によって気道過敏症を引き起こす性質。

(皮膚感作性)
化学物質の皮膚接触によってアレルギー反応を引き起こす性質。
皮膚感作性は、接触感作性ともいう。

5.生殖細胞変異原性

次世代に受け継がれる可能性のある突然変異を誘発する性質。
in vitro での変異原性/遺伝毒性試験、およびin vivoでの哺乳類体細胞を用いた試験も、この有害性クラスの中で分類する際に考慮される。

6.発がん性

がんを誘発し、またはその発生頻度を増大させる性質を。

7.生殖毒性

雌雄の成体の生殖機能及び受精能力に対し悪影響を及ぼす性質および子の発生に対し悪影響を及ぼす性質。

8.特定標的臓器毒性(単回ばく露)

9.特定標的臓器毒性(反復ばく露)

反復ばく露によって起こる特定臓器に対する特異的な非致死性の毒性

10.誤えん有害性

誤嚥の後、化学肺炎若しくは種々の程度の肺損傷を引き起こす性質、又は死亡のような重篤な急性の作用を引き起こす性質。

 

③ 環境に対する有害性 (3項目)

水生環境有害性(急性/短期)

水生環境有害性(慢性/長期)

オゾン層への有害性

 

 

 

 

GHS区分による有害レベル

・化学物質等について、SDS のデータを用いてGHS 等を参考に有害性のレベルを付す。

・レベル分けは、有害性をAからEの5段階に分けた例に基づき行う

 

曝露レベルの推定

 

スポンサーリンク

安全データシート(Safety Data Sheet:SDS)

・SDSとは、事業者が化学物質及び化学物質を含んだ製品を他の事業者に譲渡、提供する際に交付する化学物質の危険有害性情報を記載した文書です。

・SDSには,化学品について、次の16の項目及びその情報を記載する。これらの項目の番号、項目名及び順序を変更してはならないとされています。

各項目は,空白にしてはならなず、情報が入手できない場合は、その旨を記載する必要がある

(ただし,「項目16:その他の情報」は,空白でもよい)

・SDSでは,必ずしも情報源を示す必要はないが,情報源を示して,情報の信頼性を高めることが望ましいとされる。

 

SDSに記載される16項目

1.化学品及び会社情報
2.危険有害性の要約
3.組成及び成分情報
4.応急措置
5.火災時の措置
6.漏出時の措置
7.取扱い及び保管上の注意
8.ばく露防止及び保護措置
9.物理的及び化学的性質
10.安定性及び反応性
11.有害性情報
12.環境影響情報
13.廃棄上の注意
14.輸送上の注意
15.適用法令
16.その他の情報

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました