スポンサーリンク

過重労働対策(職業性疾患、作業関連疾患)

スポンサーリンク

過重労働による健康障害防止のための総合対策

参考:過重労働対策ナビ

参考:過重労働による健康障害を防ぐために(厚労省)

過重労働対策の目的

・過重労働対策の目的は、「過労死」と「過労自殺」の防止である。

・生活習慣病一般を防止するために行うべきものであるが、とくに脳・心臓疾患(脳血管障害及び虚血性心疾患)防止精神疾患の防止が重要な目的となる。

 

 

過重労働による健康障害の防止のためには、

・時間外・休日労働時間の削減

・年次有給休暇の取得促進

・労働時間等の設定の改善

・労働者の健康管理に係る措置の徹底

健康管理体制の整備、健康診断の実施

長時間にわたる時間外、休日労働を行った労働者に対する面接指導

高度プロフェッショナル制度適用者に対する面接指導

メンタルヘルス対策の実施

過重労働により業務上の疾病を発生させてた場合の措置

労働者の心身の状態に関する情報の取り扱い

 

また、やむを得ず長時間にわたる時間外・休日労働を行わせた労働者に対しては、医師による面接指導等を実施し、適切な事後措置を講じることが必要です。

厚生労働省では、「過重労働による健康障害防止のための総合対策」(平成18年3月17日付け基発第0317008号、令和2年4月1日付基発0401第11号雇均発0401第4号改正)を策定し、時間外・休日労働時間の削減、労働者の健康管理の徹底等を推進しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました