内分泌・代謝

スポンサーリンク
腎臓

低Na血症(低ナトリウム血症)の鑑別、治療

体液量の判断によらない「低Na血症の鑑別」 1.血漿浸透圧による鑑別 ・まずは血漿浸透圧を測定する(正常:280~295mOsm/kg) 計算式: 血漿浸透圧(mOsm/kg) =2(mEq/L)+{血糖 (mg/dL...
2021.11.17
内分泌・代謝

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(syndrome of inapropriate antidiuresis)

ADH(抗利尿ホルモン(Antidiuretic hormone) =バソプレッシン(アルギニンバソプレシン(arginine vasopressin: AVP) ・「ADH(抗利尿ホルモン(Antidiuretic hormone)」...
2021.11.17
内分泌・代謝

高K血症(高カリウム血症)の鑑別、緊急性、治療 

高K血症(高カリウム血症)の鑑別、緊急性、治療
2021.11.10
腎臓

低K血症(低カリウム血症)の鑑別、診断

定義 血清K<3.5mEq/Lの状態 低K血症の原因、機序 ① 摂取量の低下 ・Kを含まない補液による医原性多い ② 細胞内への移動 ・アルカローシス アルカローシスでは,細胞外H +濃度の低下に対...
2021.11.10
整形外科・外傷

骨粗鬆症

参考:「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」  原発性骨粗鬆症の診断基準 低骨量をきたす骨粗鬆症以外の疾患または続発性骨粗鬆症を認めず、骨評価の結果が下記の条件を満たす場合、原発性骨粗鬆症と診断する。 I...
2021.11.09
内分泌・代謝

甲状腺中毒症、甲状腺クリーゼ

疑う症状 ・高熱 ・頻脈 ・頻呼吸 ・意識障害 ・四肢のふるえ ・落ち着きのなさ、意識障害 原因 亜急性甲状腺炎 ・急性上気道炎の先行 ・エコーで疼痛部位に一致した低エコー領域 ...
内分泌・代謝

甲状腺機能低下症、粘液水腫(粘液水腫性昏睡)

甲状腺機能低下症 原因 ・自己免疫疾患(橋本病、Graves病末期) ・医原性(放射性ヨード治療後、甲状腺切除後、放射線治療) ・ヨード関連(ヨード不足、過剰) ・先天性 ・薬剤(リチウム、アミオダロン、インター...
2021.11.09
内分泌・代謝

糖尿病の救急 (低血糖、高血糖)

低血糖時:70㎎/dL以下 ※ 約3%で片麻痺が出ることがあり、脳卒中と誤診しないこと!(麻痺がある場合もまずは血糖測定!) 意識清明で経口摂取ができる時: ・ブドウ糖粉末10g服用 ・30分後、60分後再検(2回は検査...
2021.11.08
診察・検査

高Ca(高カルシウム)血症

正常値 血清カルシム正常値:8.5-10.5㎎/dL Payne(ペイン)の補正式 ・「血清カルシウム値」として出てくるのは、イオン化カルシウム(Ca2+)(約50%)のみならず、タンパク結合カルシウム(約40%)、クエン酸、...
2021.11.04
内分泌・代謝

refeeding syndrome(リフィーディング症候群)

・低栄養に陥っている状態に対し栄養投与を急激に開始することで、血管内から細胞内へ体液や電解質がシフトし、低血糖や電解質異常をきたし重篤な合併症をおこすこと。 ・低P、K、Mg、Ca血症、ビタミンB1欠乏症、心不全をおこす ・特に...
内分泌・代謝

高尿酸血症・痛風

高尿酸血症の定義 7.0㎎/dL以上 治療方針 ・無症候性高尿酸血症(痛風、尿酸結石がない場合)は薬剤投与の必要はない(生活指導のみで可) ・無症候性でも9.0㎎/dL以上の場合は治療開始。 ・...
2021.10.08
内分泌・代謝

副甲状腺機能亢進症

高カルシウム血症の鑑別診断 ・原発性副甲状腺機能亢進症 ・悪性腫瘍(肺癌、頭頸部癌、腎細胞癌、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、成人T細胞白血病(南西地方)) ・薬剤性 ビタミンD リチウム(副甲状腺機能亢進を誘発) ビタミン...
2021.09.29
内分泌・代謝

脂質異常症:診断基準、リスク管理チャート、治療

脂質異常症の診断基準 (日本動脈硬化学会編:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版. 2017 p26;日本動脈硬化学会, 東京より改変) non-HDLコレステロール 計算式: (総コレステロー...
2021.09.23
脳神経系

アルコールの救急(低血糖、急性アルコール中毒、Wernicke脳症、アルコール性ケトアシドーシス、アルコール離脱)

救急外来での対応 ・外傷、事故の有無の確認 ・まずは頭蓋内損傷、脳卒中、急性心筋梗塞の除外 ・低血糖の除外(→ 血糖測定) ※大量飲酒によるエタノール代謝によって、NADH/NAD比が減少し、ピルビン酸→乳酸の反応が進み、肝臓で...
2021.08.28
内分泌・代謝

副腎不全

疑う所見、症状 ・倦怠感、意識障害 ・うつ、気力低下(20~40%) ・食欲低下、体重減少 ・低血圧 ・徐脈 ・低血糖(2次性(原発性では正常) ・低Na血症(90%) ・高カリウム(1次性で65...
2021.08.28
診察・検査

甲状腺機能検査

【T3、T4とは?】 ・甲状腺で産生されるホルモンにはサイロキシン(T4)とトリヨードサイロニン(T3)の2種類がある。 ・甲状腺で分泌される甲状腺ホルモンの93%はT4である。T4は肝臓や腎臓で4個のヨードのうち1個が外さ...
2021.08.19
診察・検査

褐色細胞腫(検査、治療)

参照:褐色細胞腫・パラガングリオーマ診療ガイドライン2018 疾患 ・主に副腎髄質から発生するが、まれに副腎外(頸部・胸部・膀胱付近などの傍神経節)に発生することもあり、これらはパラガングリオーマ(副腎外褐色細胞腫)と呼ばれる。...
2021.08.17
内分泌・代謝

Cushing症候群

・コルチゾールの過剰分泌により、内臓脂肪蓄積が亢進してインスリン抵抗性が増し、糖代謝が悪化する。 ・膵臓β細胞でのインスリン合成低下をきたし、糖尿病を発症する ・コルチゾールによる腎尿細管でのナトリウム再吸収が促進され、血管内容...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました