感染

スポンサーリンク
感染

ワクチン接種手技(皮下注射、筋肉注射)

皮下注射 ・「大腿前外側」「上腕外側(三角筋中央部、上腕後外部下1/3)」が推奨されている ・上腕ならびに大腿の近い部位に接種する場合、接種部位の局所反応が重ならないように少なくとも2.5㎝以上あける。 参照:...
2021.11.18
診察・検査

伝染性単核球症

概要 ・伝染性単核症(infectious mononucleosis)は思春期から若年青年層に好発し、大部分がEpstein‐Barr ウイルス(EBV)の初感染によっておこる。 ・主な感染経路はEBV を含む唾液を介した感染(一...
2021.11.11
感染

有熱性の尿路感染症

1)腎盂腎炎 ・腎部叩打痛 2)前立腺炎 ・直腸診での圧痛 3)精巣上体炎 ・陰嚢部発赤、疼痛
感染

CNS(コアグラーゼ陰性ブドウ球菌)

・コアグラーゼ試験陰性となるブドウ球菌群の総称 (↔コアグラーゼ陽性:MSSA,MRSA) ・表皮ブドウ球菌(S.epidermidis)、腐生ブドウ球菌(S.saprophyticus)、溶血性ブドウ球菌(S.h...
循環器

感染性心内膜炎

症状 ・発熱(不明熱の鑑別疾患) ・新規発症、あるいは増悪する心雑音 ・心不全症状(弁破壊、腱索断裂による) ・塞栓症(脳塞栓、腎梗塞、脾梗塞など) ・末梢塞栓症状(→後述) 感染性心内膜炎の末梢...
2021.11.11
脳神経系

髄膜炎(身体所見、髄液検査、治療)、腰椎穿刺の適応判断、初期治療

髄膜炎の3徴 「意識障害」「発熱」「頚部硬直」 ・上記のうち少なくとも1つ認めるのは99% → 3徴を全て認めなければ髄膜炎を除外できる可能性は高い 髄膜刺激症状 1.項部硬直(nuchal rig...
2021.11.11
救急

敗血症の定義(2016年改訂)、初期対応

敗血症の定義の改訂 ・敗血症の定義は2016年2月、ヨーロッパと米国の集中治療学会の合同委員会により改訂変更され、診断基準も新しいものになった。 ・従来まで「感染による全身性炎症反応症候群(Systemic Inflammato...
2021.11.08
感染

化膿性脊椎炎(椎間板炎?椎体炎?)

脊椎炎? 椎間板炎? 椎体炎? ・「整形外科学用語集」(日本整形外科学会編)に「椎間板炎」「椎体炎」なる用語はない。 「化膿性脊椎炎(pyogenic spondylitis)」はある。 (→脊椎の感染症が「椎体前辺縁の終末動...
2021.10.28
診察・検査

結核検査

抗酸菌基本検査 3日連痰 ・塗抹(蛍光法)、培養(MGIT培地)を3回 ・結核菌/PCR、MAC/PCRを1回提出 ※ 喀痰採取が困難な時は誘発喀痰:3%高張食塩水 2~3ml 吸入 痰採取が困難な場合、胃...
2021.10.14
感染

血液培養のコンタミネーションの判断

原則 ・菌種と培養陽性までに要する時間から判断する。 ・グラム陽性球菌の菌血症では、常に感染性心内膜炎を疑う コンタミネーションである可能性が高い菌種 ・Propionibacterium(プロピオニバクテリウム) ...
2021.10.12
感染

輸入感染症

厚生労働省検疫所サイト:FORTH ・どの国でどんな感染症が流行しているのか把握 ・同じ国の中でも流行地があるため、地域(都市部、地方)まで聴取することが必要 ・現地の食生活(飲水を含む)、山歩き、川遊び、野生...
2021.10.11
感染

第3世代セフェム

特徴 ・髄液移行性あり ・セフトリアキソン(CTRX)、セフォタキシム(CTX)には緑膿菌カバーなし ・嫌気性菌のカバーは弱い 薬品名 セフトリアキソン(CTRX):ロセフィン® ・肝代謝のため、腎機能による用量調整...
2021.09.30
感染

腸球菌(Enterococcus)

・G(+)球菌。短連鎖を形成 ・腸管に常在 ・日和見感染症の起因菌の一つ ・尿路感染症、感染性心内膜炎、腹腔内感染症、髄膜炎の原因となる。 ・セフェム系にはほぼ耐性 ・アンピシリン(ABPC:ビクシリン®)が有...
2021.09.30
診察・検査

グラム染色

手順 検体を耳かきひとすくい程度、または爪楊枝ごく少量とる ↓ 検体を膜状、または樹枝状に薄く広げる (尿や髄液はスライドガラスに一滴直接たらしてそのまま広げない) ↓ スライドガラスをドライヤーの熱風で乾かす ...
2021.09.30
呼吸器

感冒に対する抗菌薬使用(患者説明、抗菌薬が必要な場合)

患者さんへの説明 「感冒に抗菌薬を処方しても治癒が早くることはありません」 「成人では、抗菌薬による副作用(嘔吐、下痢、皮疹など、17.8%)が偽薬群(8.6%)と比べて2.62倍多く発生することが報告されています。」 ...
2021.09.22
感染

伝染性紅斑(小児、成人)

伝染性紅斑(Erythema infectiosum) ・ヒトパルボウイルスB19(human parvovirus B19:PVB19)感染症 ・頬に出現する蝶翼状 の紅斑を特徴とし、小児を中心にしてみられる流行性発疹性疾患である...
2021.08.31
感染

咽頭炎、溶連菌性咽頭炎、扁桃炎

特徴 ・5~14歳に多い ・喉の片側が痛い ・咳は伴わない ・嚥下時痛 ・喉の全体が深紅色 ・白苔は少ない ・鼻水はない ・いちご舌:発症初期には白い苔が生えたようになり、その後赤いブツブツとなっ...
2021.07.29
感染

破傷風(予防、治療)

破傷風 ・C.tetani感染症(嫌気性菌)を病原体とする人獣共通感染症の一つ。 ・病原菌が産生する神経毒による急性中毒である。 ・集団感染によるアウトブレイクは起きない。 ・日本では感染症法施行規則で5類感染症全数把握...
2021.07.28
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました