消化器

スポンサーリンク
診察・検査

腹水(原因、検査、治療)

腹水の原因 下記を念頭に置いて問診と検査を行う ① 肝硬変(81%) ② がん(10%) ③ 心不全(3%) ④ 結核(2%) ⑤ 透析(1%) ⑥ 膵疾患(1%) ⑦ その他(2%) 検査項目 ・白血球(分画) ...
2021.11.24
救急

胆石症、胆石発作

症状 ・心窩部の鈍痛かつ持続痛(疝痛ではない!) ↑胆嚢には平滑筋が疎らなため。 ・食後2~3時間 ・右肩に放散痛 ・右肩甲骨先に胆石痛が響く:Collins’ sign(コリンズ徴候:特異度高い) ・Mur...
2021.11.03
救急

腹痛(怖い腹痛、外科医コール適応基準、造影CT撮影基準、)

激痛を来すこわい腹痛 1.血管が詰まる、破れる (これらは激痛を来すのに腹膜刺激症状が出ないことがある) ・心筋梗塞 ・腹部大動脈解離、瘤、切迫破裂 ・肝癌破裂 ・腸間膜動脈閉塞症(塞栓、血栓、解離、NOMI) ...
2021.11.03
消化器

便秘治療、下剤

※ まず薬剤性便秘の除外 便秘を惹起しうる薬剤 ・鎮痛薬:NSAIDs、麻薬 ・抗コリン薬:鎮痙薬、抗うつ薬、抗精神病薬、抗パーキンソン病 ・降圧薬:カルシウム拮抗薬、メチルドパ ・抗てんかん薬 ・抗ヒスタミ...
2021.10.25
消化器

若年女性(妊娠可能年齢)の腹痛アプローチ

若年女性腹痛4大疾患 子宮外妊娠 突然の嘔気嘔吐、発汗を伴う激しい痛み 腹膜刺激症状 横隔膜刺激で肩痛(放散痛) ショック、失神もありうる 尿妊娠反応検査(4~5週で陽性化:感度高い→陰性なら妊娠否定) 卵巣腫瘍茎捻転 ...
2021.10.25
診察・検査

肛門鏡

救急

急性腹症に対する鎮痛の原則

原則 痛みの強さによらず、アセトアミノフェン1000㎎静脈投与が推奨される(レベル1、推奨度A)(急性腹症診療ガイドライン2015) 例) アセリオ® 1000㎎ 15分ペースで点滴静注 小柄な場合:10~15㎎/㎏ ...
消化器

胃食道逆流症(GERD)について(非薬物療法を含む)

分類 ・食道粘膜障害を有する「びらん性GERD」と、症状のみを認める「非びらん性GERD(non-erosive reflux disease:NERD)」に分けられる 生活指導:PPI投与に並行して行うこと ●タバコ、アルコ...
2021.09.24
消化器

非アルコール性脂肪肝性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)

疾患 ・脂肪肝は「アルコール性」と「非アルコール性」に大別される。 ・「アルコール性ではない」飲酒量の目安: 純エタノール男性 30g/日、女性20g/日未満の場合、「アルコール性ではない」と判断 非アルコール性脂肪肝性肝疾...
2021.09.21
診察・検査

トランスアミナーゼ(AST、ALT)

正常値 ・ほぼAST=ALT ALTはASTより肝特異性が高い ・ALTは肝臓の細胞質内に最も豊富に存在するため、軽度の肝障害で肝細胞膜の透過性が高まっただけでも血中に簡単に逸脱する ・ASTは主にミトコンドリア内に存在...
診察・検査

便潜血検査

便潜血検査陽性はTreitz靱帯より下部の出血 ・Treitz靱帯より口側の上部消化管出血は検出されない(上部消化管からの出血の際には、消化液のために変性して検出し難くなるため) 検査推奨 ・基本は「免疫法」「2日法」...
2021.09.08
消化器

急性膵炎

3大原因 アルコール性:男性に多い 胆石:女性に多い 特発性 検査 アミラーゼ、リパーゼ高値だが、リパーゼの方が感度、特異度に優れ診断に有用 ↓ リパーゼ単独での検査が推奨される ・リパー...
消化器

ダンピング症候群

疾患 ・ダンピング症候群は、胃切除後、摂取した食物が急速に小腸に流入するために起こる症状。 ・食事中や直後(30分程度)にみられる「早期ダンピング症候群」と、食後2~3時間たってみられる「後期(晩期)ダンピング症候群」に分けられる。 ...
2021.08.28
診察・検査

嘔気・嘔吐の鑑別

※ 嘔気嘔吐に合併する随伴症状から系統的に鑑別を行うとよい。 +頭痛( ± 意識障害) ・クモ膜下出血(嘔吐が主訴の場合もある) ・脳血管障害(嘔吐の頻度は、くも膜下>脳出血>脳梗塞) 嘔吐があると死亡率が高い ...
2021.08.18
消化器

経管栄養、経腸栄養(注意点、開始方法)

経腸栄養剤の種類 窒素源の違いにより、「成分栄養剤」「消化態栄養剤」「半消化態栄養剤」に分類される。 1.成分栄養剤 ・窒素源が結晶アミノ酸のみで構成 ・多くの成分が上部消化管で吸収され、残渣がない ・浸透圧が高く、浸透圧...
2021.07.26
消化器

アルコール飲酒量の問診(適正量、依存の診断)

単位 ・1ドリンク=アルコール10g ・1単位=2ドリンク=アルコール20g 節度ある適度な飲酒 ・「1日純アルコール男性20g(1単位)、女性10g以下(0.5単位)」 ・「週5日間まで」 生活習慣病の...
2021.07.08
診察・検査

ヘリコバクター・ピロリ感染症(検査、治療)

検査 ・「尿素呼気試験」は感度、特異度ともに90%以上 ・「便中抗原検査」や「血清抗体検査」は特異度が低いため、偽陽性が多く出てしまう →これらはスクリーニングには使用しないこと ・PPI内服患者では検査偽陽性となるため...
2021.05.21
消化器

急性下痢症(感染性腸炎の鑑別と治療)

まずは胃腸炎以外の疾患を鑑別 ・アナフィラキシーショック ・TSS(Toxic Shock Syndrome:眼球充血、舌紅潮、手掌や足底の落屑) ・甲状腺クリーゼ(甲状腺疾患の既往、意識変容、頻脈を伴う時) ・副腎不全...
2021.05.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました