脳神経系

スポンサーリンク
脳神経系

延髄外側症候群(Wallenberg症候群)

原因 ・椎骨動脈、後下小脳動脈(PICA)閉塞 ・椎骨動脈解離 診断の注意点 ・椎骨動脈解離が原因の場合、若年者にも発症することがある ・MRI検査では急性期に病変が検出できないことが多い ・否定できない場合...
2022.09.30
診察・検査

小脳症状の身体所見

小脳の機能 ・小脳はあらゆる運動に関して個々の筋同士の協調性を調節している。 小脳症状の種類 四肢の失調 (ataxia) ・微細な運動の障害。特に一側性、上肢末端部に強く現れる。 >>FN test, KH t...
2022.09.30
脳神経系

前庭神経炎

疾患 ・原因は不明だが、主にウイルス感染(単純ヘルペス(HSV-1)が多い)や虚血によって前庭神経が障害されることによって起こるとされる説が有力 ・めまいに先行して17~60%で1週間前後に感冒症状あり(ウイルス感染の場合) ...
2022.09.28
スポンサーリンク
救急

急性期脳梗塞(NIHSS、rt-PA治療の適応、血栓回収療法、または適応外の場合)

脳梗塞rt-PA適正使用講習e-learning 脳梗塞rt-PA適正使用e-Learningシステム ・通年5月と11月に日本脳卒中学会のホームページより受講可能 NIHSS(National Institute...
2022.09.21
脳神経系

パーキンソン病(症状、治療)

疾患 ・中脳黒質緻密質のドパミン神経細胞内にレビー小体が形成され、神経細胞が脱落変性する ・神経細胞に過剰に発現した「αシヌクレイン」が凝集・蓄積し、神経変性や細胞死を引き起こすことで発症する ・ドパミン放出が障害されるが...
2022.09.17
脳神経系

TIA(一過性脳虚血発作)

TIA ・急性梗塞を伴わない、局所的な脳、脊髄または網膜の虚血による一過性の神経学的機能障害 ・5%が2日以内に脳梗塞に進展するため危険。 ・まずは低血糖の除外 ・意識消失時間は5~10分と長い(通常の失神は1~2分) ...
2022.09.16
脳神経系

てんかん(epilepsy)

てんかんの定義 ・大脳の神経細胞の過剰な電気活動により、反復して発作を起こす慢性の脳疾患。 ・明らかな原因がるものを「症候性てんかん」といい、原因のないものを「特発性てんかん」という。 ・「てんかん(epilepsy)」によっ...
2022.09.15
診察・検査

くも膜下出血(警告出血、オタワSAHルール、MRI所見、初期対応など)

2次性頭痛のred flag sign ・頭痛の1~5%は2次性頭痛 「Dr.林のSNOOPY」 S: ・systemic symptoms/signs:全身症状(発熱、倦怠感、筋痛、体重減少) ・systemic d...
2022.08.29
救急

可逆性脳血管攣縮症候群(reversible cerebral vasoconstriction syndrome:RCVS)

疾患 ・原因不明の可逆性の多発脳動脈の攣縮により、数日~数週間にわたる再発性の雷鳴頭痛、痙攣、神経学的症状を伴う疾患。 ・クモ膜下出血でない雷鳴頭痛のうち40%を占める ・多くは3か月以内に自然軽快し予後良好である ・脳...
2022.08.29
脳神経系

髄膜炎(身体所見、髄液検査、治療)、腰椎穿刺の適応判断、初期治療

髄膜炎の3徴「意識障害」「発熱」「頚部硬直」 「意識障害」「発熱」「頚部硬直」 ・上記のうち少なくとも1つ認めるのは99% → 3徴を全て認めなければ髄膜炎を除外できる可能性は高い 髄膜刺激症状 1.項...
2022.08.29
救急

意識障害への初期対応(レベル評価、初期対応(Do Dont)、診察)

レベル評価 1)Japan Coma Scale(JCS) ・日本で主に使用される意識障害の深度(意識レベル)分類。 ・「JCS 100」のように表現するのが正式(Ⅲ-300とするのは開発者らの論文からも間違い) Ⅰ...
2022.08.22
救急

失神:失神三羽烏(心血管性、起立性、神経調節性)、入院適応判断

失神の定義と種類 失神の定義 「一過性の意識消失発作の結果、姿勢が保持できなくなり、かつ自然に、また完全に意識の回復がみられること」を失神と定義する。 診療の注意点 ・「失神」と「意識障害」は区別して鑑別する ・失神な...
2022.08.18
循環器

頚動脈狭窄、頚動脈エコー

頚動脈エコー検査 ・高周波リニアプローベを使用 ・仰臥位、軽度頚部後屈および非観察側へ30°程度回旋 狭窄率 ・短軸像による「面積狭窄率」が径狭窄率よりも適切とされる ・臨床的には「狭窄率 70%以上」が有意狭窄と...
2022.08.06
脳神経系

Lewy小体型認知症(レビー小体型認知症)

疾患 ・αシヌクレインの神経細胞内への異常蓄積を主病変とし、レビー小体と呼ばれる封入体を形成、疾患の進行とともにレビー小体の分布も広がる ・中枢神経系以外に心臓や末梢交感神経節、消化管などの内臓自律神経系にも広がる ・Lewy...
2022.07.21
脳神経系

ギラン・バレー症候群(Guillain-Barre Syndrome,;GBS)

疾患 ・明らかな原因は不明 ・上気道、腸管に由来する感染症、外科的処置、ワクチン接種などに伴って起こる自己免疫性の多発根神経炎。 ・約60%の症例で血清中に末梢神経細胞膜表面の構成成分である糖脂質(ガングリオシド)に対する抗体...
2022.07.13
脳神経系

眼球上転発作(oculogyric crisis)

疾患 ・眼球の固定方向への不随意の痙縮運動 (上転が最も多いが、その他の眼位のこともある) ・「下を見ようとしてもみることができない」という訴えで来院 ・原因として、ドパミン作動経路の障害と考えられている(ドパミン遮断薬...
脳神経系

延髄内側症候群(Dejerine症候群)

疾患 ・椎骨動脈 V4(硬膜を貫通してから対側のVAと合流するまでのsegment)から分岐する延髄傍正中動脈あるいは脳底動脈の閉塞による疾患。 ・両側性のこともある。 ・顔面を除く、対側の上下肢麻痺、感覚障害がおこる。 ...
脳神経系

ACNES(前皮神経絞扼症候群)

Carnett徴候(カーネット徴候:腹壁圧痛試験) 陽性 治療 ・圧痛部位に1%リドカイン10mL皮下注
2022.06.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました